野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米メディアが分析 WSで2戦連続KOも、ダルビッシュの評価が揺らがぬワケ

メジャーリーグのストーブリーグが本格的にスタートする中、フリーエージェント(FA)選手の中で最大の注目を集めているのが、ダルビッシュ有投手だ。あらゆる米メディアの“格付け”で、軒並み1位の評価を獲得。ワールドシリーズでは2試合連続でKOされ、ドジャースを世界一に導くことはできなかったが、メジャーで「エース級」という評価は変わらず、大型契約を手にすると見られている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアのFA”格付け”で軒並み1位、故障歴が「マイナス面」も…

 メジャーリーグのストーブリーグが本格的にスタートする中、フリーエージェント(FA)選手の中で最大の注目を集めているのが、ダルビッシュ有投手だ。あらゆる米メディアの“格付け”で、軒並み1位の評価を獲得。ワールドシリーズでは2試合連続でKOされ、ドジャースを世界一に導くことはできなかったが、メジャーで「エース級」という評価は変わらず、大型契約を手にすると見られている。

 米スポーツサイト「スポーツ・オン・アース」では、FA市場で注目されている5人の投手を選出。ダルビッシュ、ジェイク・アリエッタ(カブスからFA)、ウェイド・デービス(カブスからFA)、ランス・リン(カージナルスからFA)、CC・サバシア(ヤンキースからFA)とベスト5の順位をつけ、それぞれのプラス面、マイナス面について分析している。

 1位のダルビッシュについては、マイナス面が2つに対して、プラス面は4つと評価は高い。しかも、マイナス面は、ともに故障歴。「2015年3月にトミー・ジョン手術を受けた」「背中や首のケガのため、過去4年間毎年故障者リストに入っていた」という2点を挙げている。

 ただ、これを補えるだけの要素が、プラス面では列挙されている。まず1つ目として「先発陣のエースになる可能性がある、(全休の2015年を除く)MLBの5シーズンでオールスター4度、2013年はサイヤング賞候補2位、通算奪三振率11.0」と指摘。負傷離脱は多かったものの、これまでのMLBでのパフォーマンスは高く評価されており、「エース級」の評価は揺らがない。

人気記事ランキング