野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

アストロズ打線は球種把握? ダルビッシュの「右手」のクセを米専門家指摘

元メジャーリーガーで阪神でもプレーしたエドワード・ペレス氏がワールドシリーズでアストロズ打線に攻略されたドジャース・ダルビッシュ有投手の投球のクセについて独自の見解を示している。ESPNの番組内で語っている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

阪神でもプレー、ペレス氏がダルビッシュの投球のクセを指摘「彼の右手だ」

 元メジャーリーガーで阪神でもプレーしたエドワード・ペレス氏がワールドシリーズでアストロズ打線に攻略されたドジャース・ダルビッシュ有投手の投球のクセについて独自の見解を示している。ESPNの番組内で語っている。

 ワールドシリーズで2度先発マウンドに上がったダルビッシュは第3戦で2回途中4失点で降板すると、3勝3敗で迎えた第7戦でも2回途中5失点とKOされた。初回には守備の乱れもあったが、2回にはスプリンガーに2ランを浴びるなど、悪い流れを断ち切ることができなかった。

 第7戦では米FOXスポーツの解説を務める元ヤンキースのアレックス・ロドリゲス氏が、アストロズ打線がダルビッシュの球種を読んでいた可能性に言及。自身のツイッターで「アストロズの打席のボディランゲージ、そして、ダルビッシュに対するアプローチから読み取る限り、彼(ダルビッシュ)はおそらく球種を読まれている。アストロズの打者はそこに付け込んだのだ」と分析していたが、ペレス氏もワールドシリーズ直後にさらに具体的にダルビッシュのクセについて解説した。

 同氏は「彼の右手だ。直球を投げる時はいつもグラブに右手を収めるとまったく動かない。すでにボールを握れているからだ。しかし、スライダーを投げる時はいつも微妙に動きが出る。そこだけ見極めればいいんだよ」と語っている。

 ワールドシリーズで使用されたボールへの適応に苦しんだとはいえ、自身メジャー最短となる降板はダルビッシュにとって厳しい結果となった。その裏にはアストロズ打線が球種を把握していたことも影響していたと米専門家は見ているようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング