野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス上林は22歳の「モンスター」 大舞台の悔しさは、同じ高みで晴らす

10月22日、「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージで楽天を下し、2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた福岡ソフトバンク。試合後、歓喜に沸く若鷹軍団の中、たった1人悔し涙を流す選手がいた。高卒4年目、22歳の上林誠知外野手である。

ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】

日本シリーズ進出の歓喜の中で1人涙を流した上林

 10月22日、「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージで楽天を下し、2年ぶりの日本シリーズ進出を決めた福岡ソフトバンク。試合後、歓喜に沸く若鷹軍団の中、たった1人悔し涙を流す選手がいた。高卒4年目、22歳の上林誠知外野手である。

 名門・仙台育英高校出身。高校時代はキャプテンとしても4番としてもチームをけん引し、3度甲子園に出場した。10月26日のドラフト会議で、阪神から1位指名を受けた馬場皐輔投手(仙台大学)と、同じく阪神から3位指名を受けた熊谷敬宥選手(立教大学)は、ともに高校時代のチームメイトである。

 上林は今季、プロ初となる開幕スタメンの座を勝ち取り、勝負強い打撃と強肩でブレイクを果たす。4月終了時点で23試合に出場し、打率.262、2本塁打と結果を残すと、勢い止まらず5月は打率.355、6本塁打と大暴れ。「マイナビオールスターゲーム2017」にもファン投票で初選出され、選手登録を抹消されることなく自身初の規定打席に到達するなど、飛躍のきっかけをつかむシーズンとなった。

 184センチの長身で、すらりとした体格。地面すれすれのボールをすくい上げて内野手の間を抜く驚異的なバットコントロールに加え、力感のないコンパクトなスイングからは想像もつかない打球を飛ばす。10月7日のオリックス戦で同点打を放って、千賀の勝率第1位のタイトル獲得をアシストしたことは記憶に新しい。

 外野から矢のように送球する「レーザービーム」も上林の大きな武器で、今季の補殺は12球団トップタイの「10」を記録した。今季の打撃成績は134試合108安打13本塁打51打点、打率.260。それでも、終盤で極度の打撃不振に陥ったこともあって、上林は自身の成績に納得できず。シーズン終了後も、ポストシーズンに向けて調整を重ねた。

人気記事ランキング