野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天銀次、一塁で初ゴールデングラブ賞 天然芝本拠地で受賞「自信になる」

2017年の「三井ゴールデングラブ賞」が9日に発表され、楽天の銀次内野手が受賞した。捕手出身の銀次は、内野コンバート後に三塁、二塁なども守ってきたが、一塁手としてゴールデングラブ賞初受賞を果たした。

楽天・銀次【写真:荒川祐史】
楽天・銀次【写真:荒川祐史】

「いつかは獲りたいと思っていた」

 2017年の「三井ゴールデングラブ賞」が9日に発表され、楽天の銀次内野手が受賞した。捕手出身の銀次は、内野コンバート後に三塁、二塁なども守ってきたが、一塁手としてゴールデングラブ賞初受賞を果たした。

 銀次は球団を通じて「いつかは獲りたいと思っていた賞なので、選んでいただき大変光栄です。今年はファーストとセカンドを守り、守備に対してこれまで以上に意識を高く持っていたシーズンでした。天然芝のKoboパーク宮城で、また、そのようなシーズンにいただけたことはすごく嬉しいですし、自信になります。来年も受賞できるよう、しっかり守備を磨きたいと思います」とコメントした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング