野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

7月末まで3桁背番号→プロ未勝利でCS2勝 来季が楽しみな楽天の”秘密兵器”

緊迫した場面でクライマックスシリーズ初登板を果たした際の驚きは、投球を終えたときには納得に変わっていた。楽天の育成選手としてプロ生活をスタートさせた宋家豪(ソン・チャーホウ)投手は、今季後半に支配下登録されると、ポストシーズンで圧巻の投球。中継ぎとして、プロ初勝利よりも先にポストシーズン2勝をマークした。台湾出身、25歳の宋にとって、この経験と自信は何物にも代え難い大きな財産となったはずだ。

楽天・宋家豪【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・宋家豪【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

台湾出身の25歳、CSでの衝撃的な活躍までの道のりは…

 緊迫した場面でクライマックスシリーズ初登板を果たした際の驚きは、投球を終えたときには納得に変わっていた。楽天の育成選手としてプロ生活をスタートさせた宋家豪(ソン・チャーホウ)投手は、今季後半に支配下登録されると、ポストシーズンで圧巻の投球。中継ぎとして、プロ初勝利よりも先にポストシーズン2勝をマークした。台湾出身、25歳の宋にとって、この経験と自信は何物にも代え難い大きな財産となったはずだ。

 台湾の国立体育大学出身の宋は、2015年、台湾プロ野球のドラフトで統一ライオンズから2位指名を受けたものの、日本球界に挑戦するためにこれを拒否。同年10月に楽天と育成契約を結び、日本でプロ野球選手としてのキャリアをスタートさせた。

 初年度の2016年は、ファームで15試合に登板してチームトップタイの6勝、防御率2.44という好成績を残す。登録名をカタカナ表記の「ソン・チャーホウ」から本名の「宋家豪」へと変更して臨んだ今季は、ファームで33試合に登板して防御率は4.28だったが、昨季に続いてチームトップタイの8勝に加えて5セーブを挙げた。7月31日には支配下選手登録を勝ち取り、8月11日のオリックス戦で1軍デビューを飾る。

 デビュー戦では1回2失点と結果を残せず、その後は再びファーム調整が続いたものの、シーズン終盤に再昇格を果たすと、4試合全てで無失点リリーフ。10月10日の千葉ロッテ戦では4者連続三振を奪って首脳陣にインパクトを与える。シーズン通算は5試合に登板して3ホールド、防御率3.86。そしてシーズン閉幕後、登板数がかさんでいたブルペン陣の秘密兵器として、クライマックスシリーズのメンバー入りを果たす。

人気記事ランキング