野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ“歴代6位級”の大型契約も 米メディアが予測システムで算出

メジャーリーグは今月13日から、各球団の強化責任者が一堂に会するGMミーティングが開幕。ストーブリーグがさらに活発になってくる。今オフのFA市場で最大の目玉とされているのが、ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手。多くのメディアがNO1評価を与えており、その動向に注目が集まっている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

FAでNO1評価の右腕は総額180億円&年平均30億円の契約に?

 メジャーリーグは今月13日から、各球団の強化責任者が一堂に会するGMミーティングが開幕。ストーブリーグがさらに活発になってくる。今オフのFA市場で最大の目玉とされているのが、ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手。多くのメディアがNO1評価を与えており、その動向に注目が集まっている。

 ダルビッシュはいったい、どれだけの契約を結ぶのか。ESPNは、予測システム「ZiPS」の来季成績予測から、契約価値を算出した特集記事を掲載。ダルビッシュは今オフ最大の契約を手にするとされている。

 記事では、ワールドシリーズで2戦連続KOとまさかの結果に終わった右腕について「ワールドシリーズで乱調であったということに各球団のフロントオフィスが縛られるとは考えづらいだろう」と指摘。さらに「彼は実力充分であることを証明してきており、FA市場で最もスター性のある投手だ(ショウヘイ・オオタニのことは置いておく)」と日ハム大谷にも触れながら、ダルビッシュの大きく価値が下がることはないとしている。

 予測では「もし彼が2013年にFAであれば2億ドル(約227億円)に到達していたかもしれない」と言及。サイ・ヤング賞投票で2位に入った年は確かにキャリア最高の成績だったが、それでも今オフの契約は6年総額1億5660万ドル(約177億6000万円)に達するとしている。年平均では2610万ドル(約29億6000万円)。予想通りならば、総額では先発投手として歴代8位、年平均では同6位の大型契約となる。

 また、米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」では、ジェイソン・マルティネス記者がファンの質問に答えるチャットでダルビッシュの契約について言及。ドジャースが「ダルビッシュとの再契約を試みるだろう」とした上で、今オフに総額1億ドル(約113億4000万円)規模の契約を結ぶ選手として「ダルビッシュ、アリエッタ、J・D・マルティネス、ホズマー」の名前を挙げている。

 NO1選手として、いったいどんな大型契約を手にするのか。その動向から目が離せない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング