野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 世界一アストロズは現代版マネーボール!? 米メディアがデータ活用術を分析

世界一アストロズは現代版マネーボール!? 米メディアがデータ活用術を分析

1990年代後半からメジャーではセイバーメトリクスと呼ばれるデータ解析が取り入れられるようになったが、アストロズはコンピュータが弾き出す“ハード”データと、人間が集める“ソフト”データを上手く活用した例だと、米IT専門サイト「テックリパブリック」が分析している。

ワールドシリーズ制覇を果たしたアストロズ【写真:Getty Images】
ワールドシリーズ制覇を果たしたアストロズ【写真:Getty Images】

WSを戦った2チームは、ともにデータ活用で名高いチーム

 今季ワールドシリーズ(WS)で第7戦まで激闘を繰り広げたアストロズとドジャース。最終的にはア・リーグ覇者のアストロズがドジャースを下し、球団史上初の世界一に輝いた。実は、この2チームには共通点がある。それは、チーム編成や戦略面でデータを大いに活用している点だ。1990年代後半からメジャーではセイバーメトリクスと呼ばれるデータ解析が取り入れられるようになったが、アストロズはコンピュータが弾き出す“ハード”データと、人間が集める“ソフト”データを上手く活用した例だと、米IT専門サイト「テックリパブリック」が分析している。

 アストロズは2011年にジム・クレイン氏が球団を買収後、カージナルスで独自のデータ評価システムを作り上げたジェフ・ルーノー氏をGMに迎えるなど、データを重視したチーム作りに徹底した。記事では「真の破壊再編のため彼らは本当に尽力した」というMLBに公式データを提供する「STATS」のデータ運用部門のオドネル上席副社長の言葉を引用している。

 メジャーの中でデータ活用を重視しているチームとして名高いのは、アストロズ、ドジャースに加え、ヤンキース、レッドソックス、カブスらが挙げられる。いずれのチームも今季プレーオフにコマを進めている他、若手を中心としたチーム再編に成功。前出のオドネル上席副社長は「データ分析に投資していない球団は、間違いなく船に乗り遅れている」とまで言い切っている。さらに、最近数年で「STATS」社からアストロズに6人も社員が引き抜かれたという。

人気記事ランキング