野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平、謙虚さ忘れぬメジャー挑戦「自分はまだ不完全な選手、だからこそ」

日本ハムの大谷翔平投手が11日、日本記者クラブで会見に臨み、今オフのメジャー挑戦を正式表明した。「来年以降アメリカで頑張りたい」と話した大谷は、今後の目標について「プレーする中で一番の選手になりたい」と“ナンバーワン”宣言をした。

日本ハム・大谷翔平【写真:細野能功】
日本ハム・大谷翔平【写真:細野能功】

栗山監督には感謝「栗山監督でなければファイターズじゃなかったかも」

 日本ハムの大谷翔平投手が11日、日本記者クラブで会見に臨み、今オフのメジャー挑戦を正式表明した。「来年以降アメリカで頑張りたい」と話した大谷は、今後の目標について「プレーする中で一番の選手になりたい」と“ナンバーワン”宣言をした。

「こんな時に風邪を引いてしまって」と、やや鼻声で会見に臨んだ大谷は、幼い頃からの夢であったメジャー挑戦を表明すると、5年間を過ごした日本ハムに対して「ファイターズに入ってよかったと一生思うんだろうと思う」と感謝の気持ちを表した。前日10日、球団関係者と会談を持った際、「この5年は決して遠回りではなかったと思う」という声をかけてもらったという。二刀流が「自分のためになるのか、球団のためになるのか、日本球界のためになるのか」自問自答したこともあったというが、「自分が決めた道に対して頑張っていける、そこは5年間誤ることなく進んでこられた。そこは自信を持っている部分」と真っ直ぐ前を向いた。

 気になるメジャーでの二刀流続行については「そういう環境があるのか、話を聞いてみないと分からない。ファイターズも一緒だったが、やらせていただける場所がないと挑戦はできない。お世話になったコーチや栗山監督、お世話になった人たちの思いもある。自分の気持ちだけではどうにもならない部分がある。個人的には継続してきたものを、さらに伸ばしていきたいと思いますし、どこか1つを諦めるとは思っていない」と意欲を見せた。

 メジャーでの目標を聞かれると「野球をやっている以上は、プレーしている中で一番の選手になりたいと思うのが普通。野球は何を持って一番とするのか難しい部分はあるけれど、ファンの方であったり、いろんな方に『彼が一番だ』って言ってもらえることが幸せ。そういう選手を目指していきたい」と話した。

 早くもアメリカでも大きな注目を集めているが、“挑戦”という謙虚な気持ちは忘れていない。対戦したい選手を聞かれても「自分はまだ実名を挙げていいほどの選手ではない。まずは自分がその位置までレベルを上げることが大事、まだ経験していないことを話すのはおこがましい。自分がそのレベルになれるように練習したいです」と笑顔。さらに「自分はまだ不完全な選手。もっとやらなければならないことが多い選手。だからこそメジャーにいって磨いてみたい」と目を輝かせた。

 終始、日本ハムをはじめ、これまでお世話になってきた人々、北海道をはじめ全国のファンにも感謝の気持ちを伝えつづけた大谷。子供の頃からの夢に向かって踏み出した二刀流は、多くの温かい声援に背中を押され、海を渡るに違いない。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング