野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテが誇る安定の左腕、5年連続40試合登板、通算100H射程内の松永昂大

速球とスライダーを軸に左打者を抑えてきた左腕の安定感は、チームが不振に陥った中でも不変だった。千葉ロッテの松永昂大投手は今季も50試合に登板して18ホールドをマークし、貴重な左投手としてブルペンを支えた。

ロッテ・松永昂大【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・松永昂大【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ルーキーイヤーから毎年40登板以上で2桁ホールド記録

 速球とスライダーを軸に左打者を抑えてきた左腕の安定感は、チームが不振に陥った中でも不変だった。千葉ロッテの松永昂大投手は今季も50試合に登板して18ホールドをマークし、貴重な左投手としてブルペンを支えた。さらに、入団から5年連続40試合以上に登板し続けてきた左腕にとっては、節目となる数字=通算100ホールドも間近に迫ってきている。

 高松商業高校、関西国際大学、大阪ガスで実績を積み上げてきた松永投手は、2012年のドラフト1位で千葉ロッテに入団する。球団からも「即戦力として先発、中継ぎ、抑えの全てをこなせる万能投手」として、1年目から1軍での活躍が期待されていた。

 松永投手はその期待に応えて、ルーキーイヤーから重要な局面での登板を重ね、即戦力にふさわしい投球を披露。主に中継ぎを務めたが、シーズン終盤には先発に転向し、クライマックスシリーズファーストステージ第2戦の先発も任された。シーズンは58試合に登板して4勝1敗28ホールド1セーブ、防御率2.11という素晴らしい成績を残す。

 その後も左投手が少ないブルペンを支えてきた。今季は序盤に苦しんで一時は防御率が10点台を超えたものの、約1か月の再調整を経て以降は安定感を取り戻し、6月7日の中日戦から21試合連続無失点。最終的には50試合に登板して1勝3敗18ホールド、防御率3.22という成績を残した。

人気記事ランキング