野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米敏腕記者が指摘、ダルビッシュの評価はWSで“下降”も…契約総額160億超か

今オフのFA市場で、多くの米メディアからNO1評価を受けているダルビッシュ有投手(ドジャースからFA)。だが、移籍情報のスクープを連発することで知られる敏腕記者ジョン・ヘイマン氏は、ワールドシリーズでの2試合連続KOが響き、現在は“NO3”の立場になっていると分析している。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

常にFA市場1位だったが「目も当てられないくらい悲惨なWS」で…

 今オフのFA市場で、多くの米メディアからNO1評価を受けているダルビッシュ有投手(ドジャースからFA)。だが、移籍情報のスクープを連発することで知られる敏腕記者ジョン・ヘイマン氏は、ワールドシリーズでの2試合連続KOが響き、現在は“NO3”の立場になっていると分析している。

 現在、米新興スポーツメディア「ファンラグ・スポーツ」で記事を執筆するヘイマン氏は、「80人のFAトップ選手たちが勝ち取る金額はいくらになるだろう?」と題した特集記事で、今オフのFA選手たちを評価。その中で、ダルビッシュは3位でランクインした。

 シーズン開幕前から、オフのFA市場でNO1との評価を受けてきたダルビッシュ。今季、レンジャーズでは援護にも恵まれず、6勝9敗と黒星が先行したものの、7月のトレード期限でも目玉選手として注目され、“世界一請負人”としてドジャースに移籍した。新天地では成績が持ち直し、最終的には10勝12敗、防御率3.86でフィニッシュ。プレーオフでも地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズと好投したが、ワールドシリーズでは2試合連続で2回もたずにKOされ、先発としての役目を果たせず。ドジャースは29年ぶりの世界一に届かなかった。

 ヘイマン記者は寸評で「何か月か前にはこのリストにおいてNO1の位置を独占していた彼だが、目も当てられないくらい悲惨なワールドシリーズでの投球は彼の評価を若干損ねてしまった。彼は再び、大舞台で本領発揮できるかという問題を浮上させてしまった」と指摘。米国中が注目するワールドシリーズでの乱調で、順位を2つ下げたと見ている。

人気記事ランキング