野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 「WHIP」で見る投手の安定感…菅野が圧倒、阪神救援も納得の数値【セ編】

「WHIP」で見る投手の安定感…菅野が圧倒、阪神救援も納得の数値【セ編】

今季NPBの大きなイベントと言えば、11月20日に開催される「NPB AWARDS」のみとなった。各タイトルは決まっているが、ここでは改めて今季の投手陣について振り返りたい。

広島・中崎翔太【写真:荒川祐史】
広島・中崎翔太【写真:荒川祐史】

菅野は西武・菊池を超えて両リーグ先発でトップ

 今季NPBの大きなイベントと言えば、11月20日に開催される「NPB AWARDS」のみとなった。各タイトルは決まっているが、ここでは改めて今季の投手陣について振り返りたい。

 投手の能力を示す数値の中に、WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched)というものがある。投手が1イニング平均で与四球+被安打で許した走者数を示したものだ。大前提として、投手は託されたイニングを無失点で終えることを目指す。そのためには走者を出さないことが重要だ。投手の安定感を示す数値でもあるWHIPは、MLBでは公式記録になっているが、NPBでは導入されていない。

 セ・リーグで規定投球回数以上に達した投手をWHIP順に並べた。

菅野智之(巨)0.85(25試17勝5敗 187.1回 防御率1.59)
マイコラス(巨)0.98(27試14勝8敗 188回 防御率2.25)
秋山拓巳(神)1.09(25試12勝6敗 159.1回 防御率2.99)
今永昇太(De)1.13(24試11勝7敗 148回 防御率2.98)
田口麗斗(巨)1.219(26試13勝4敗 170.2回 防御率3.01)
野村祐輔(広)1.223(25試9勝5敗 155.1回 防御率2.78)
メッセンジャー(神)1.24(22試11勝5敗 143回 防御率2.39)
井納翔一(De)1.267(25試6勝10敗 152.1回 防御率3.84)
バルデス(中)1.274(23試6勝9敗 146回 防御率3.76)
大瀬良大地(広)1.28(24試10勝2敗 145.2回 防御率3.65)
大野雄大(中)1.31(24試7勝8敗 147.2回 防御率4.02)
ブキャナン(ヤ)1.34(25試6勝13敗 159.2回 防御率3.66)

 菅野は菊池雄星(西武)の0.91を下回るWHIP0.85で、先発投手の中で最も優秀だった。この安定感をもってすれば、沢村賞受賞も当然だ。続いて2位は同じ巨人のマイコラス。両右腕がWHIPではセの先発投手ツートップだったのだ。

 阪神の右腕・秋山は、昨年のWHIPが1.25だったのに対し、今季は1.09に向上。背負う走者の数が減ったことが成績急上昇につながったと言えそうだ。

 今年、規定投球回数以上では最高勝率だった広島、大瀬良大地のWHIPは1.28、これは優秀とは言えない。防御率もよくない。負けなかった、という事実は大きいが、運と味方の援護に助けられたということになるだろう(最高勝率のタイトルは同僚の薮田和樹が獲得)。

人気記事ランキング