野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

GM会議で“大谷狂騒曲” 二刀流継続へ、各球団の意見は…「難しい」「可能」

メジャーでの二刀流は可能なのか。そして、二刀流での出場を認める球団はあるのか。

MLB挑戦を表明した大谷翔平【写真:田口有史】
MLB挑戦を表明した大谷翔平【写真:田口有史】

MLB公式サイトが特集、「GM会議のホットな話題なオオタニ」

 メジャーでの二刀流は可能なのか。そして、二刀流での出場を認める球団はあるのか。

 13日(日本時間14日)にフロリダ州オーランドで始まったGMミーティングは、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手の話題で持ちきりとなっている。MLB公式サイトは「GMミーティングでのホットな話題は、オオタニである」と題した特集記事を掲載。各球団の強化責任者の現時点での意見をまとめているが、その中身とは…。

 10日に球団にメジャー挑戦の意思をあらためて伝え、ポスティングシステム利用を容認された大谷、11日には記者会見を開いて、自らの口で「来年以降アメリカで頑張りたい」「プレーする中で一番の選手になりたい」と宣言した。

 メジャーでの二刀流継続については「そういう(二刀流の)環境があるかないか、話を聞いてみないとわからない。まずは(二刀流に)挑戦できないと。気持ちだけではどうにもならない」と話すにとどめていたが、実際にメジャー球団はどのような考えを持っているのか。

 今や米国でも二刀流継続を期待する声が高まっているが、投手の登板間隔が日本よりも2日短い中4日であることに加え、移動の距離も大違い。過酷な環境で両方をこなすことができるのか、懐疑的な声は根強くある。

 ナ・リーグ中地区パイレーツのニール・ハンティントンGMは記事の中で「(投打どちらかの)1つでも大変なのに、ましてや二刀流なんてね。先発投手として回復に充てる時間、打者として必要としているスイング数、単に野球をするということを超越したものだ。準備や、回復、そしてスキルの向上が求められる。二刀流となると、その倍が求められる」と指摘。かなり厳しいと見ているようだ。

人気記事ランキング