野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 米名物記者のFAランク、大谷1位&ダル2位&イチロー109位 NPB組も多数

米名物記者のFAランク、大谷1位&ダル2位&イチロー109位 NPB組も多数

日本ハムの大谷翔平投手がポスティングシステム(入札制度)を利用しての米挑戦を表明したことで、メジャーリーグのストーブリーグは日本人投手2人が主役となりつつある。米ヤフースポーツの名物記者として知られるジェフ・パッサン氏は、今オフのFA選手をランク付けした。

日本ハム・大谷翔平(左)とドジャースダルビッシュ有(右)【写真:田口有史、Getty Images】
日本ハム・大谷翔平(左)とドジャースダルビッシュ有(右)【写真:田口有史、Getty Images】

平野、牧田、涌井、マイコラスらもランクイン

 日本ハムの大谷翔平投手がポスティングシステム(入札制度)を利用しての米挑戦を表明したことで、メジャーリーグのストーブリーグは日本人投手2人が主役となりつつある。ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手はどんな大型契約を手にするのか。一方、新労使協定のもとでは契約が制限される大谷は、どのチームを選ぶのか。米国でも大きな注目が集まっている。

 米ヤフースポーツの名物記者として知られるジェフ・パッサン氏は、今オフのFA選手をランク付け。旧ポスティングシステムが1年間継続となれば、日本ハムが設定した譲渡金を支払う意志のある全球団との交渉が可能なため、実質FA選手と見られている大谷が堂々の全体1位に選出された。ダルビッシュは2位で、ワールドシリーズでの2試合連続KOは影響がないと分析されている。この他、オリックスの平野佳寿投手、西武の牧田和久投手、ロッテの涌井秀章投手ら、日本からメジャー移籍を目指す選手もランキング入りしている。

 新労使協定のもとでは、マイナー契約しか結ぶことの出来ない大谷について、記事では「世界的にも屈指の選手であり、間違いなく最も興味をそそられる存在であるが、今冬は353万ドル(約4億円)以上の契約は結べない」と指摘。契約金が制限されることに言及している。

 資金力のある球団が有利というわけではないため、米メディアも移籍先の予想が難しい様子。パッサン記者は「大谷は今このタイミングでの挑戦を希望している。どちらのリーグを希望しているのか、西海岸なのか東海岸なのか、二刀流なのか投手一本なのか。こういったことは全て明らかになっていない」と付け加えている。

人気記事ランキング