野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • CY賞発表、アは2度目クルーバー、ナは史上10人目3度目シャーザーが受賞

CY賞発表、アは2度目クルーバー、ナは史上10人目3度目シャーザーが受賞

全米野球記者協会(BBWAA)は15日(日本時間16日)、今季のサイ・ヤング賞を発表し、ア・リーグはコーリー・クルーバー(インディアンス)、ナ・リーグはマックス・シャーザー(ナショナルズ)が受賞した。

インディアンスのコーリー・クルーバー(上)とナショナルズのマックス・シャーザ【写真:Getty Images】
インディアンスのコーリー・クルーバー(上)とナショナルズのマックス・シャーザ【写真:Getty Images】

シャーザー2年連続受賞は史上10人目の偉業

 全米野球記者協会(BBWAA)は15日(日本時間16日)、今季のサイ・ヤング賞を発表し、ア・リーグはコーリー・クルーバー(インディアンス)、ナ・リーグはマックス・シャーザー(ナショナルズ)が受賞した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2014年に続き2度目の受賞となったクルーバーは、今季29試合に先発し、18勝4敗、防御率2.25の成績。1イニングあたりの与四球数+被安打数を示すWHIPは0.87で、1イニングあたり許した走者は1人にも満たなかった。サイ・ヤング賞を複数回受賞したのはメジャー史上18人目の快挙。クルーバーは満票まであと2票という圧倒的な支持で同賞を獲得した。

 2年連続3度目の受賞となったシャーザーは、今季は31試合に先発し、16勝6敗、防御率2.51、WHIP0.90の好成績を残した。昨年は20勝を挙げ、2013年のタイガース時代に続き、史上6人目となる両リーグでのサイ・ヤング賞受賞を果たした。今季で通算3度目の受賞となるが、これは史上10人目の快挙。また、2年連続受賞も2013、14年のクレイトン・カーショー(ドジャース)に続き、史上10人目の偉業となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」