野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

稲葉ジャパン1号アーチは西武・山川! 6回に1点差に詰め寄る2ランを放つ

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨んだ。4回に広島・薮田、オリックス・近藤が計4失点を許して逆転を許したが、6回に4番の西武・山川が「稲葉ジャパン」1号本塁打となる2ランを放ち、1点差へと詰め寄った。

侍ジャパン・山川穂高【写真:Getty Images】
侍ジャパン・山川穂高【写真:Getty Images】

4回に大量4失点で逆転を許す

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨んだ。4回に広島・薮田、オリックス・近藤が計4失点を許して逆転を許したが、6回に4番の西武・山川が「稲葉ジャパン」1号本塁打となる2ランを放ち、1点差へと詰め寄った。

 1-4で迎えた6回だった。先頭の近藤が、飛び込んだ左翼手のわずかに前に落ちる左前安打を放って出塁すると、主砲・山川に値千金の1発が飛び出した。

ソウル銀メダルの原動力、元西武・潮崎氏の脳裏に刻まれた1失点「衝撃でした」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この回からマウンドに上がった韓国2番手のク・チャンモの初球、真ん中低めへの141キロの真っ直ぐを強振した。東京ドームに快音を残した打球は弾丸ライナーで右中間スタンドへと突き刺さった。1点差へと詰め寄る2ラン本塁打。この日が初陣となった「稲葉ジャパン」にとっての第1号アーチとなった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」