野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

稲葉ジャパン、土壇場9回に1点差追いつきタイブレークの延長戦に突入

野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨み、3-4で迎えた9回に押し出しで同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

満塁で京田が押し出し四球を選ぶ

 野球日本代表「侍ジャパン」は16日、「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の初戦・韓国戦に臨み、3-4で迎えた9回に押し出しで同点に追いつき、試合は延長戦に突入した。

 逆転されて迎えた6回に山川の2ランで1点差に迫った侍ジャパン。すると、9回は1死から西川、田村の四球、桑原のヒットで満塁と好機を作る。ここで、京田がストレートの押し出し四球を選び、土壇場で同点に追いついた。

ソウル銀メダルの原動力、元西武・潮崎氏の脳裏に刻まれた1失点「衝撃でした」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 なおも満塁のチャンスだったが、源田は遊ゴロで2アウト。さらに、代走で途中出場していたオコエも遊飛に倒れ、試合は4-4で延長戦に突入した。大会規定で、試合は延長10回からタイブレークが行われる。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」