野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトB久保コーチは褒めて伸ばす?! ブルペンに響く「そう!そう!」の声

16日、第4クール2日目を迎えたソフトバンクの秋季キャンプ。そこで積極的に選手の指導に当たっているのが10日に就任会見を行った新任コーチ陣だ。中でもベテランの久保康生2軍投手コーチは、若手投手陣の意欲を感じているという。

指導に当たっているソフトバンク・久保康生2軍投手コーチ【写真:藤浦一都】
指導に当たっているソフトバンク・久保康生2軍投手コーチ【写真:藤浦一都】

この秋の仕事は、選手ごとの「キーワード探し」

 16日、第4クール2日目を迎えたソフトバンクの秋季キャンプ。そこで積極的に選手の指導に当たっているのが10日に就任会見を行った新任コーチ陣だ。中でもベテランの久保康生2軍投手コーチは、若手投手陣の意欲を感じているという。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 久保2軍投手コーチは、福岡県嘉穂郡穂波町(現:飯塚市)に生まれ、これまで約40年に及ぶプロ生活を近鉄、阪神という関西のチームで過ごしてきた。ソフトバンクのコーチ就任は、立花義家1軍打撃コーチとともに過ごした柳川商高時代以来、実に41年ぶりの“里帰り”だ。

「ずっと近鉄と阪神を行ったり来たりしていたので、まさかこうして福岡に戻って来られるとは思っていなかった」という久保コーチ。10日の就任会見時には「ソフトバンクには、長い歴史の中で積み上げてきた常勝軍団としての強さがある」と語っていたが、実際に秋季キャンプで指導を始めてみて「会見で言った通りの強さをひしひしと感じていますよ」と語る。

 途中からの合流となった秋季キャンプでは、まだ実働4日ながら「選手たちが僕から何かを引き出そうとする意欲を感じますね」と、若手投手陣の熱意に感心しきり。
「どこの球団であろうと、スカウトが素質を認めてプロの世界に入ってきた選手ばかり。いいものを持っていることに変わりはない。ソフトバンクは3軍制があるから、その分、人材は多いですね。今はそういう選手たちを目覚めさせるキーワードを、選手ごとに探している段階です」と話す。

 実際の指導では「そう! そう!」「それ! それ!」といった肯定的な言葉が次々と飛び出す。典型的な“褒めて伸ばす”タイプに見えるが、久保コーチ本人は特別な意識はないという。

「まあ、長いことこれでコーチをやってきましたからね。確かに悪いところを指摘するというよりも、わかっていないなと思ったらもう一度やらせるタイプ。それでいいイメージをつかんで(練習を)終われたら、また明日はそこからスタートできますから」

 現役投手として20年、コーチとしても19年。久保コーチの豊富な経験が、ソフトバンクの若手投手陣にどのような影響を与えるのか。この先、春季キャンプにかけて楽しみは尽きない。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」