野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

稲葉ジャパン決勝進出! 6回12K無失点の今永に、稲葉監督「さすがでした」

連勝を飾った稲葉篤紀新監督は試合後の勝利監督インタビューで「クライマックス、日本シリーズと素晴らしいピッチングしていましたから、いい流れで投げてくれるのかなと思っていました。予想以上に三振が多かったのかな、と。さすがでした」と、先発したDeNAの今永へ賛辞を送った。

好投した侍ジャパン・今永【写真:Getty Images】
好投した侍ジャパン・今永【写真:Getty Images】

外崎の先制ソロで「みんなリラックス出来た」

 野球日本代表「侍ジャパン」は18日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」第2戦のチャイニーズ・タイペイ戦を戦い、8-2で快勝した。延長10回タイブレークの末にサヨナラ勝ちした16日の初戦・韓国戦に続く勝利で2連勝とし、19日の決勝に駒を進めることが決まった。

侍ジャパン白星発進、岩村明憲氏が見た稲葉監督の色「選手を信じて送り出す」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 連勝を飾った稲葉篤紀新監督は試合後の勝利監督インタビューで「クライマックス、日本シリーズと素晴らしいピッチングしていましたから、いい流れで投げてくれるのかなと思っていました。予想以上に三振が多かったのかな、と。さすがでした」と、先発したDeNAの今永へ賛辞を送った。

 序盤から左腕が圧巻の奪三振ショー。初回、2回とアウト全てを三振で奪い、4回には味方のミスで招いた無死一、三塁のピンチも、三者連続三振で脱出。4回までに11三振を奪い、6回3安打12三振でチャイニーズ・タイペイ打線を無失点に封じた。

 打線は2回に外崎が放った先制ソロを皮切りに、中押し、ダメ押しと効果的に加点。チャイニーズ・タイペイ投手陣から8得点を奪い「外崎選手がホームランを打ってくれて、ちょっとみんながリラックスして試合運びが出来たかな」と稲葉監督。19日の韓国との決勝に向けて「韓国も初戦あのような形でやられて燃えてくると思う。それ以上に気持ちを込めてやっていく」と気合いを入れていた。

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング