野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

稲葉ジャパン、アジア制覇へ田口が好投! 5回まで韓国を3安打無失点

初戦でサヨナラ勝ちをおさめていた韓国との再戦となった決勝。先発マウンドに上がった巨人・田口が5回まで韓国打線を無失点に封じる好投を見せている。

韓国打線相手に好投を見せる侍ジャパン・田口【写真:Getty Images】
韓国打線相手に好投を見せる侍ジャパン・田口【写真:Getty Images】

侍ジャパン4回に外崎の先制打で奪い、1点をリード

 野球日本代表「侍ジャパン」は19日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の決勝・韓国戦を戦った。初戦でサヨナラ勝ちをおさめていた韓国との再戦となった決勝。先発マウンドに上がった巨人・田口が5回まで韓国打線を無失点に封じる好投を見せている。
侍ジャパン、決勝戦は快勝で初代王者に輝く 山崎武司氏「これからが楽しみ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)
 3回までノーヒットピッチングを見せていた左腕。4回に2死から初安打となる二塁打を浴びたものの、得点は与えず。5回には2死から連打を浴びて一、三塁のピンチを招いたが、1番のパク・ミンウをインコースの真っ直ぐで詰まらせて二ゴロ。一打同点のピンチを凌いだ。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング