野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンが5回に追加点 また外崎適時打! 西川にも2点適時二塁打

野球日本代表「侍ジャパン」は19日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の決勝・韓国戦に臨んだ。初戦では延長10回の激戦の末にサヨナラ勝ちをおさめていた韓国との再戦。4回に先制に成功していた侍ジャパンは続く5回にも追加点を奪い取った。

連夜の巧打でチームに貢献する侍ジャパン・外崎【写真:Getty Images】
連夜の巧打でチームに貢献する侍ジャパン・外崎【写真:Getty Images】

5回まで無失点の好投・田口を打線が援護

 野球日本代表「侍ジャパン」は19日、「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ」の決勝・韓国戦に臨んだ。初戦では延長10回の激戦の末にサヨナラ勝ちをおさめていた韓国との再戦。4回に先制に成功していた侍ジャパンは続く5回にも追加点を奪い取った。
侍ジャパン、決勝戦は快勝で初代王者に輝く 山崎武司氏「これからが楽しみ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)
 外崎の先制適時打で1点を先行していた侍ジャパン。続く5回に再び打線が繋がった。先頭の松本が右前安打で出塁すると、近藤健も右前安打で続く。“日本ハムコンビ”で無死一、三塁のチャンスを作ると、1死からソフトバンク・上林が四球を選んで満塁に。ここで先制適時打を放っていた外崎が内角の真っ直ぐに詰まりながらも、左前へと弾き返して適時打。二塁走者の近藤健は本塁で刺されたものの、1点を加えた。

 さらに、広島・西川も右中間を破る2点適時二塁打を放って、さらに2点を追加。リードを4点へと拡大させた。先発の巨人・田口が5回まで韓国打線を3安打無失点。好投を続けている左腕に、大きな追加点の援護を送った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング