野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

黄金期の広島が進める3連覇への戦力整備 梵が退団、エース候補は戦力外

若さがカープの象徴となる一方で、今季限りでユニホームを脱ぐベテランもいる。今季限りでチームを去る選手を振り返ってみた。

広島・梵英心【写真:荒川祐史】
広島・梵英心【写真:荒川祐史】

主力の多くは20歳代、松坂世代の江草が現役引退

 37年ぶりのリーグ連覇を達成し、まさに黄金時代を迎えようとしている広島。クライマックスシリーズ最終ステージでDeNAに敗れて日本一はならなかったが、2017年も球界の主役だったことに疑いの余地はない。

 田中、菊池、丸の同級生トリオが28歳。鈴木誠也はまだ23歳とノビしろは十分。西川や野間らも将来が楽しみな好素材だ。投手陣も28歳の野村を筆頭に薮田、岡田、大瀬良、九里、今村、中崎ら若手が十分な結果を残した。

 若さがカープの象徴となる一方で、今季限りでユニホームを脱ぐベテランもいる。今季限りでチームを去る選手を振り返ってみた。

◯江草仁貴投手(引退)
 プロ15年目。通算349試合に登板。22勝17敗、防御率3.15。専大から2002年の自由枠で阪神に入団。05年にはロングリリーフもできる左腕として51試合に登板とフル回転。防御率2.67と安定した成績を残して、阪神のリーグ制覇に貢献した。11年の途中にトレードで西武に移籍。12年の開幕前に嶋重宣とのトレードで地元・広島に移籍。26試合に登板した。13年に左肘の手術を受け、以降は出番が減った。36歳で迎えた今季は自身初の1軍登板ゼロで、引退を決断した。妻は女子バレーボール元日本代表セッターの竹下佳江。

◯今井啓介投手(戦力外)
 プロ12年目。通算114試合に登板。8勝20敗1セーブ、防御率3.59。新潟・中越高から05年の高校生ドラフト2位で入団。本格派右腕として「将来のエース候補」と期待されたが、入団から3年間は1軍登板なし。4年目の09年に先発でプロ初登板。6度目の先発で初勝利をあげた。以降、毎年のようにローテーション候補として期待を集めるも、けがに苦しみ12年の4勝が最多。今季は4試合の登板で防御率5.40の成績に終わった。

人気記事ランキング