野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

戦力外3選手にトレードも ここ5年のドラ1選手に早くも明暗

今季もドラフトが終わり、将来を嘱望される選手たちが続々と仮契約を結んでいる。高校生として史上最多タイとなる7球団から1位指名を受けた早稲田実業の清宮幸太郎内野手も、交渉権を得た日本ハムと先日、仮契約を終えた。

今オフに戦力外通告を受けた中日・野村亮介【写真:荒川祐史】
今オフに戦力外通告を受けた中日・野村亮介【写真:荒川祐史】

「ドラ1」でも5年以内に戦力外に、有望株でも苦しむプロの世界

 今季もドラフトが終わり、将来を嘱望される選手たちが続々と仮契約を結んでいる。高校生として史上最多タイとなる7球団から1位指名を受けた早稲田実業の清宮幸太郎内野手も、交渉権を得た日本ハムと先日、仮契約を終えた。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 球団にとって指名する選手はいずれも将来の貴重な戦力候補だが、1位指名は特別だ。将来性重視、即戦力などの違いがあるとはいえ、球団は将来の看板選手候補を一番に指名する。しかし期待通りにいかないのがプロの世界。下位指名選手が日本を代表するスターへと成長を遂げるケースがある反面、鳴り物入りでプロ入りした有望株が苦しむケースも珍しくない。

 ここ5年の1位指名選手を見ても、すでに明暗が分かれ始めている。

 今年のドラ1ルーキーでは12人中10人が1軍デビュー。5球団競合の末にソフトバンク入りした田中正義投手、甲子園V投手の西武・今井達也投手は1軍登板がなかったが、球団によって戦力バランスや育成方針も異なるため、1年目の成績でよしあしは判断はできないだろう。ただ、この5年のドラフト1位指名の中にはすでに戦力外通告を受けた選手や移籍となった選手も出始めている。

 2013年にDeNAからドラフト1位指名を受けた柿田裕太投手はプロ4年間で1軍登板がなく、今季終了後に戦力外となった。また14年のドラフトで中日から1位指名された野村亮介投手はルーキーイヤーの15年に3試合に登板したものの、以降は1軍登板がなく、3年目を終えた今オフに戦力外通告を受けた。

 野村と同じく14年のドラフトでヤクルトから1位で指名された竹下真吾投手も1軍登板は16年の1試合のみに終わり、今オフ戦力外に。一方、ヤクルトでは13年のドラフト1位・杉浦稔大投手が今夏にトレードで日本ハムに移籍となっている。杉浦はヤクルトの4年間で6勝8敗、防御率4.95という成績だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」