野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • パMVPは鷹サファテ、54セーブでNPB新記録樹立、セMVPは広島・丸が初受賞

パMVPは鷹サファテ、54セーブでNPB新記録樹立、セMVPは広島・丸が初受賞

NPBは20日、都内のホテルでプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」を開催した。今季最も活躍した選手に贈られる最優秀選手賞(MVP)には、パ・リーグはデニス・サファテ投手(ソフトバンク)、セ・リーグは丸佳浩外野手(広島)が選出された。

広島・丸(左)とソフトバンク・サファテ【写真:荒川祐史、藤浦一都】
広島・丸(左)とソフトバンク・サファテ【写真:荒川祐史、藤浦一都】

新人王はセが中日・京田、パは西武・源田

 NPBは20日、都内のホテルでプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2017 supported by リポビタンD」を開催した。今季最も活躍した選手に贈られる最優秀選手賞(MVP)には、パ・リーグはデニス・サファテ投手(ソフトバンク)、セ・リーグは丸佳浩外野手(広島)が選出された。

 サファテはプロ野球記録を塗り替えるシーズン54セーブという前人未到の記録を樹立。チームを日本一に導き、文句なしの選出となった。一方、丸は3番打者としてリーグ最多の171安打を放って最多安打賞を獲得。チームの37年ぶりの連覇に貢献した。

 サファテは、昨季までは米国帰省中で式典には不参加だったが、今年は外国人選手では初となる正力松太郎賞、リーグMVPをダブル受賞し、再来日して会場に姿を見せた。

 なお、新人王にはセ・リーグは京田陽太内野手(中日)、パ・リーグは源田壮亮内野手(西武)が選出された。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング