野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルの奪三振は“控えめ”、田中は復調…米データサイトの来季成績予測は

ストーブリーグに突入しているメジャーリーグでは、各球団が来季へ向けて補強策を練っている。フリーエージェント(FA)市場では、ダルビッシュ有投手(ドジャースからFA)が多くの米メディアからNO1評価を受け、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手については、空前の大争奪戦に発展すると予想されている。

ドジャース・ダルビッシュ有(左)とヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有(左)とヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

ダルビッシュは奪三振数13位とやや“控えめ”の数字!?

 ストーブリーグに突入しているメジャーリーグでは、各球団が来季へ向けて補強策を練っている。フリーエージェント(FA)市場では、ダルビッシュ有投手(ドジャースからFA)が多くの米メディアからNO1評価を受け、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手については、空前の大争奪戦に発展すると予想されている。

 そんな中、野球専門の米データサイト「ファングラフス」が2018年シーズンに向けた各選手の成績予測の掲載を始めており、ダルビッシュ、そしてヤンキースの田中将大投手は2桁勝利を挙げるとの分析結果が出ている。

 今季、シーズン途中にレンジャーズからドジャースに移籍したダルビッシュは、2チームで計31試合に登板して10勝12敗、防御率3.86、186回2/3で209奪三振という成績だった。

 ファングラフスは、複数のデータから割り出した各選手の成績予測を掲載。そのうちの1つである「Depth Charts」では、ダルビッシュは29試合登板で179イニングを投げ、12勝9敗、防御率3.81と算出されている。トレードマークの奪三振数は、メジャー全体で13位の「204」とやや“控えめ”。キャリア通算800イニング以上を投げた先発投手の中でメジャー歴代最高となる奪三振率11.04を誇る右腕だが、今季は「10.10」とスタイルに若干の変化が見られた。来季の奪三振率予測も「10.22」となっている。

 同サイトが掲載したもう1つの予測システム「Steamer」でも、ダルビッシュは29試合登板で12勝9敗、防御率3.81、179イニングで204奪三振とまったく同じ数字が出ている。来季はどのユニホームを着て、どんな成績を残すのか、注目が集まるところだ。

人気記事ランキング