野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

メキシコWL参戦中のDeNA乙坂、11戦連続安打で打率.512 OPSは1.168!

メキシコのウインターリーグにヤキス・デ・オブレゴンの一員として出場しているDeNAの乙坂智外野手が23日(日本時間24日)も快音を響かせ、初出場から11試合連続と好調を維持している。

2016年に侍U23代表に選ばれメキシコでプレーした乙坂【写真:Getty Images】
2016年に侍U23代表に選ばれメキシコでプレーした乙坂【写真:Getty Images】

1安打&1盗塁もチームは敗戦

 メキシコのウインターリーグにヤキス・デ・オブレゴンの一員として出場しているDeNAの乙坂智外野手が23日(日本時間24日)も快音を響かせ、初出場から11試合連続と好調を維持している。

 乙坂は本拠地カネロス・デ・ロス・モチス戦に「2番・左翼」で先発出場。4点を追う初回は遊ゴロ、3回は1死から四球を選ぶも、3番ロウが併殺打に倒れた。

 6回は1死二塁で相手の投手の送球エラーで出塁。ロウがタイムリーを放ち、乙坂は二塁に進んだ。1死となってから、ダブルスティールで三塁へ。乙坂にとっては3個目の盗塁となった。しかし、後続が倒れて得点にはつながらず。3点差のままで試合を進んだ。

 7回、ヤキス・デ・オブレゴンは相手のエラーと2本のヒットで1点差に迫る。なおも1死一塁の場面で、乙坂はライト前ヒット。11試合連続ヒットとして1死一、三塁とチャンスを作ったが、ここも後続が倒れて同点に追いつくことは出来なかった。

 9回は無死一塁で三振に倒れ、チームは4-5で敗戦。それでも、乙坂は11試合で打率.512と好調をキープ。出塁率.563、長打率.605と、この2つを足したOPSは驚異の1.168をマークしている。

人気記事ランキング