野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム入団の東大・宮台「まず1軍、まず1勝」 球団は「彼の人生にかけました」

日本ハムの新人入団会見が24日、札幌の大倉山ジャンプ競技場で行われ、東大法学部のドラフト7位左腕・宮台康平投手は「まず1軍、まず1勝」を目標に掲げた。

日本ハムの新入団会見に臨んだ宮台(右端)【写真:石川加奈子】
日本ハムの新入団会見に臨んだ宮台(右端)【写真:石川加奈子】

背番号は「52」に決定「鏡で見て、実感が湧きました」

 日本ハムの新人入団会見が24日、札幌の大倉山ジャンプ競技場で行われ、東大法学部のドラフト7位左腕・宮台康平投手は「まず1軍、まず1勝」を目標に掲げた。

 背番号52の真新しいユニホームに身を包み、無数のフラッシュライトを浴びた宮台は、感慨を新たにした。「鏡で見て、プロ野球選手になったんだなという実感が湧きました。この気持ちを忘れずに頑張っていきます」と表情を引き締めた。

 最速150キロを誇る左腕は、負けん気の強さを自らのセールスポイントに挙げた。「野球強豪校とはいえないところからここまで来たので、大学時代から強い相手をやる時に気持ちだけは負けないと頑張ってきました。プロに入っても同じ気持ちで頑張りたいと思います」と話した。目標について問われると「まずは1軍に入ること、まずは1勝を挙げることが目標です」と力を込めた。

人気記事ランキング