野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

首位から3位へ転落した楽天 チームの命運を左右した助っ人の働きぶり

8月上旬まで首位に立つ快進撃を見せながらも、夏場以降に2度の大型連敗を喫するなど失速した楽天。ソフトバンクとのマッチレースを展開しながら、最終的には西武にもかわされて3位に終わった。クライマックスシリーズではファーストステージで西武に雪辱。進出したファイナルステージでも2連勝スタートを切り下克上を期待させたが、そこから3連敗を喫して敗退となった。

楽天・ペゲーロ【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・ペゲーロ【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

序盤は2番ペゲーロの超攻撃的オーダーが的中

 8月上旬まで首位に立つ快進撃を見せながらも、夏場以降に2度の大型連敗を喫するなど失速した楽天。ソフトバンクとのマッチレースを展開しながら、最終的には西武にもかわされて3位に終わった。クライマックスシリーズではファーストステージで西武に雪辱。進出したファイナルステージでも2連勝スタートを切り下克上を期待させたが、そこから3連敗を喫して敗退となった。

 今季の楽天は、外国人助っ人の働きがチーム状態を左右した部分が少なからずあった。今季は1番に茂木を起き、そこから2番カルロス・ペゲーロ外野手、3番ゼラス・ウィーラー内野手、4番ジャフェット・アマダー内野手の強力な上位打線でシーズンをスタート。これが見事にハマり、スタートダッシュを決めた。だが、ペゲーロが負傷で離脱し、ウィーラー、アマダーの状態が落ちてくると、チームの勢いも陰った。

 茂木の離脱により緊急補強したルイス・クルーズ内野手も結果は出せず。ペゲーロ復帰後も助っ人勢の状態はなかなか上がらず、序盤の快進撃を支えたラインアップに戻すことも出来なかった。投手陣ではハーマンが勝利の方程式を担って33ホールドと結果を残したが、ジョシュ・コラレス投手は期待に応えられず。育成から支配下契約を勝ち取った宋家豪投手は将来性の高さを見せた。

 ここでは今季の楽天に在籍した外国人選手の成績と働きを振り返ってみよう。

◯ゼラス・ウィーラー内野手
142試合542打数147安打31本塁打82打点 打率.271
50四球 出塁率.342 得点圏打率.277 OPS.835

 チームの中心として今季の楽天を支えた1人だった。2015年に来日して3年目。打点こそ88だった昨季から6打点下がったが、147安打31本塁打、打率.271はいずれも来日後最高の成績をマークした。序盤は不調だったが、交流戦頃から復調。ただ、チームが絶不調に陥った夏場に自身も調子を落として悪い流れを止められなかったところ、そして、22失策を犯した守備面がもったいなかった。

人気記事ランキング