野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

近年の低迷はドラフト不作も要因? 中日過去10年のドラフト査定

2001年から2012年までの12年間でリーグ1位4回、2位5回、3位2回と安定した強さを維持してきた中日ドラゴンズだが、2013年以降は毎年Bクラスと低迷している。それは近年のドラフトの不作によるところが大きいと言われているが、それを検証してみよう。

2015年ドラフト1位の小笠原慎之介【写真:荒川祐史】
2015年ドラフト1位の小笠原慎之介【写真:荒川祐史】

2013年以降Bクラスに低迷する中日、ドラフト不作も影響?

 2001年から2012年までの12年間でリーグ1位4回、2位5回、3位2回と安定した強さを維持してきた中日ドラゴンズだが、2013年以降は毎年Bクラスと低迷している。それは近年のドラフトの不作によるところが大きいと言われているが、それを検証してみよう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

※は現時点での現役選手

○2008年
1位・野本圭 外 日本通運・441試184安9本82点1盗 打率.225※
2位・伊藤準規 投 岐阜城北高・5勝11敗0S9H 防御率3.94※
3位・岩崎恭平 内 東海大・144試49安5本10点12盗 打率.231、オリックスへ※17年オフ戦力外
4位・高島祥平 投 帝京高・0勝0敗0S0H 防御率45.00
5位・岩田慎司 投 明大・9勝15敗0S1H 防御率3.72
6位・小熊凌祐 投 近江高・8勝7敗0S5H 防御率4.85※
7位・井藤真吾 外 中京大中京高・4試0安0本0点0盗 打率.000
育1位・加藤聡 外 大産大・(1軍出場なし)
育2位・小林高也 外 東京弥生クラブ・(1軍出場なし)、巨人へ

 2008年のドラフトで獲得した選手のうち、野本、伊藤、小熊が現役だが、主力級の実績を残した選手はいない。岩崎はオリックスに移籍したが、今季戦力外となった。

○2009年
1位・岡田俊哉 投 智辯和歌山高・13勝16敗3S46H 防御率3.09※
2位・小川龍也 投 千葉英和高・1勝3敗0S13H 防御率2.98※
3位・中田亮二 内 亜大・80試20安0本3点1盗 打率.202
4位・松井佑介 外 東農大・276試113安8本44点1盗 打率.237※
5位・大島洋平 外 日本生命・1029試1107安21本186点166盗 打率.284※
6位・諏訪部貴大 投 Honda・(入団せず)
7位・松井雅人 捕 上武大・281試103安3本31点6盗 打率.178※
8位・吉田利一 捕 奈良産大・(1軍出場なし)
育1位・矢地健人 投 高岡法科大・0勝0敗0S3H 防御率3.93ロッテへ
育2位・赤田龍一郎 捕 愛知大・5試0安0本1点0盗 打率.000

 この年は当たり年だった。攻守に中心選手となった大島洋平が5位で入団。貴重な中継ぎ左腕の岡田、今季は代打で活躍した松井佑介、ほぼ正捕手だった松井雅人と、活躍した選手が多かった。中田亮二は、107キロの巨漢。おかわり君こと中村剛也二世の期待がかかったが不発に終わった。

○2010年
1位・大野雄大 投 佛教大・49勝50敗0S2H 防御率3.29※
2位・吉川大幾 内 PL学園高・131試27安0本6点5盗 打率.200巨人へ※
3位・武藤祐太 投 Honda・9勝6敗0S14H 防御率3.59、DeNAへ※
4位・森越祐人 内 名城大・78試5安0本1点1盗 打率.109阪神へ※
5位・関啓扶 投 菰野高・(1軍出場なし)

 この年は5人しか指名せず。現在チームの戦力となっているのは1位指名で入団した左のエース大野のみとなっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」