野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、Vパレードにしみじみ「1年間頑張ってきてよかった」

26日、ソフトバンクの日本シリーズ優勝パレードが福岡市内の中心部で行われ、沿道に多くのファンが詰めかけた。

日本シリーズ優勝パレードに参加した孫オーナー(左)と工藤監督【写真:藤浦一都】
日本シリーズ優勝パレードに参加した孫オーナー(左)と工藤監督【写真:藤浦一都】

午後からは「ファンフェスティバル」でファンと交流

 26日、ソフトバンクの日本シリーズ優勝パレードが福岡市内の中心部で行われ、沿道に多くのファンが詰めかけた。

 福岡市の主要道路・明治通りを封鎖し、約2.3kmに渡って行われた優勝パレード。孫正義オーナー、工藤公康監督、長谷川勇也選手会長が乗ったオープンカーを先頭に、オープンカー5台、オープントップバス2台でゆっくりと行進。日本一を成し遂げた選手たちを一目見ようと、沿道には早くから多くのファンで埋め尽くされた。

 ヤフオクドームに戻った工藤監督は、ホッとした表情を浮かべながら次のようにパレードの感想を話した。

「1年目はあっという間だったけど、今年はひとつひとつ噛み締めながら、ファンの皆さんの声に応えられたと思います。ファンの皆さんに『ありがとう』と言ってもらうと1年間頑張ってきてよかったと思いますし、選手もまた、この一瞬のために1年間頑張ろうと思ってくれるでしょう」

 午後からはヤフオクドームで「ファンフェスティバル」が開催され、選手たちがさまざまな形でファンと交流。この日は、日本一になった喜びをファンと共有する長くてうれしい1日となりそうだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング