野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2人のドラ1含む9選手に戦力外通告 5年連続Bクラスの中日の戦力整理

2011年にリーグ優勝を果たして以降、リーグ優勝から遠ざかっている中日。昨季途中に就任した森繁和監督が引き続き指揮を執る中、今季も序盤から下位に低迷した。

今シーズン限りで引退し、中日の2軍打撃コーチに就任する森野将彦【写真:荒川祐史】
今シーズン限りで引退し、中日の2軍打撃コーチに就任する森野将彦【写真:荒川祐史】

今季は5位も借金20、セで最もAクラスから遠ざかっている球団

 2011年にリーグ優勝を果たして以降、リーグ優勝から遠ざかっている中日。昨季途中に就任した森繁和監督が引き続き指揮を執る中、今季も序盤から下位に低迷した。59勝79敗5分の借金20。4位の巨人にも12ゲームの大差がある5位に終わり、5年連続Bクラスに沈んだ。現在、セ・リーグ6球団で最もAクラスから遠ざかっているのが、この中日だ。

【PR】「DAZN」なら中日戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 チーム打率.247、チーム防御率4.05は揃ってリーグ5位。辛うじて最下位のヤクルトを上回ったが、上位にいる他球団に比べて戦力が劣るのは、紛れもない事実。抜本的なチーム改革が求められそうだ。

 Aクラスへの浮上を目指す来季に向けて、このオフは2014年ドラフト1位の野村亮介投手をはじめ、実に支配下9選手を戦力外通告に。長らくチームの中核にいた森野将彦内野手は現役を引退し、2軍打撃コーチに就任する。

 ここでは今季限りで引退、戦力外などで退団する選手のこれまでの実績を振り返ってみる。

◯森野将彦(引退、2軍打撃コーチ就任)
 プロ21年目。1801試合5707打数1581安打165本塁打782打点、打率.277。東海大相模高から1996年ドラフト2位で中日へ。ルーキーイヤーは13試合に出場したが、その後2年間は1軍出場なし。4年目の2000年から徐々に試合数を伸ばしていき、2007年には142試合に出場。2009年、2010年には全144試合に出場し、2010年には打率.327の好成績を残した。落合博満監督の下で黄金期の中日を支えた主力で2014年も141試合に出場したが、2015年の開幕直後に右手親指を骨折して以降、成績が低下。今季はファーム暮らしが長く、1軍では22試合出場止まり。今季限りで現役を引退し、2軍打撃コーチへの就任が決まった。

◯野村亮介(戦力外)
 プロ3年目。通算3試合登板、0勝0敗0ホールド0セーブ、防御率10.13。静清高、三菱日立パワーシステムズ横浜(2013年まで三菱重工横浜)を経て、落合博満GMの意向が強く働いた2014年ドラフト1位で中日に入団。1年目の2015年に3試合で中継ぎ登板したが、2回2/3で8安打6失点と結果を残せず。2年目の昨季、そして3年目の今季と1軍登板がなく、プロ入りわずか3年で戦力外となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」