野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 朴炳鎬が韓国復帰へ KBOで2年連続50発も…MLBでは通算12本塁打に終わる

朴炳鎬が韓国復帰へ KBOで2年連続50発も…MLBでは通算12本塁打に終わる

ツインズの韓国人スラッガー、朴炳鎬内野手がKBOのネクセン・ヒーローズと契約を結んだと韓国メディアなどが報じている。鳴り物入りでメジャー入りしたが、結果を残すことができず、わずか2年で母国に復帰することになった。

韓国球界に復帰が決まった朴炳鎬【写真:Getty Images】
韓国球界に復帰が決まった朴炳鎬【写真:Getty Images】

今年2月にメジャー枠外れた“韓国50発男”、残り2年7億円をツインズが支払いも

 ツインズの韓国人スラッガー、朴炳鎬内野手がKBOのネクセン・ヒーローズと契約を結んだと韓国メディアなどが報じている。鳴り物入りでメジャー入りしたが、結果を残すことができず、わずか2年で母国に復帰することになった。

 朴は2014、15年とネクセンで2シーズン連続50本塁打以上(52本、53本)をマーク。KBOで4年連続本塁打王&打点王、通算210本塁打の実績を引っさげ、ポスティングシステム(入札制度)を利用して2015年オフにメジャー移籍し、1285万ドル(約14億3000万円)で交渉権を獲得したツインズと4年総額1200万ドル(約13億3600万円)の契約を結んだ。

 ルーキーイヤーの序盤戦は飛距離のある本塁打を次々と放り込んだが、次第に当たりが止まり、6月にマイナー降格。その後はメジャーに昇格できず、今年2月にはメジャー40人枠から外されて、実質“戦力外”となっていた。今季は1度もメジャーの舞台に上がれず、3Aでは111試合出場で打率.253、14本塁打、60打点に終わっていた。

 米最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」は、韓国の通信社「聯合ニュース」の記者がツイッターで、朴がネクセンと1年140万ドル(約1億5600万円)で契約を結んだことをレポートしたと紹介。朴は2年総額600万ドル(約6億7000万円)の契約を残し、2020年の契約延長オプションを球団が行使しなかった場合は50万ドル(約5573万円)を受け取る予定となっていたが、記事では「ツインズとネクセンの間で何かしらの取り決めが進まなかった場合は、ツインズが残りの2年分を払うことになる」と伝えている。

 残りの給料も支払うことになれば、ツインズは入札金と合わせて朴に総額1935万ドル(約21億5600万円)を費やしたことになるが、メジャー通算62試合出場、打率.191、12本塁打、24打点という成績で母国に戻ることになった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング