野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

憧れの大エースのような存在になれるか ハム「マイメロ王子」にかかる期待

昨季の日本一から一転、今季は苦しい戦いが続き、リーグ5位に沈んだ北海道日本ハム。その中でプロ3年目の石川直也投手は、数多くの実戦経験を積み、飛躍のきっかけをつかむシーズンを送った。

日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】
日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】

今季自己最多の37試合に登板した日本ハムの石川直

 昨季の日本一から一転、今季は苦しい戦いが続き、リーグ5位に沈んだ北海道日本ハム。その中でプロ3年目の石川直也投手は、数多くの実戦経験を積み、飛躍のきっかけをつかむシーズンを送った。先発・中継ぎの両方をこなし、自己最多の37試合に登板。プロ初勝利を挙げることはできなかったが、長身を生かした角度のある直球とフォークを武器として、来季は投手陣をけん引する1人になることが期待されている。

 石川直は公立・山形中央高校出身。「みちのくのダルビッシュ」と称され、2014年のドラフトで北海道日本ハムから4位指名を受けた。1年目はファームで12試合に登板し、1勝1敗1セーブという成績を残すと、2年目の昨季はファームで主に中継ぎとしてチーム最多の40試合に登板。9月30日の千葉ロッテ戦で1軍初マウンドを経験した。この試合では5番手として登板すると、見事無失点に抑えてプロ初ホールドも記録している。

 ルーキーイヤーから少しずつステップアップを果たし、迎えた3年目の今季は春季キャンプから快投を続ける。オープン戦では7試合に登板して10回2/3を投げ1勝0敗、15奪三振、防御率3.38。3月15日の横浜DeNA戦では、4回を投げて無安打無得点、5奪三振という好投を披露し、高卒3年目にして開幕1軍の座を手にした。

 今季のシーズン開幕から中継ぎとして34試合に登板。高い奪三振能力を見込まれ、一時は勝利の方程式も担った。シーズン終盤で先発に転向すると、9月3日の千葉ロッテ戦でプロ初先発。初勝利とはならなかったが、5回2失点と試合を作った。しかし同10日の埼玉西武戦では、強力打線相手に5回7失点3被弾と崩れる。「全部甘く入ってしまいました」と肩を落としたが、まだ若い右腕にとっては、1球の重さ、怖さを学ぶ有意義な1試合となったことだろう。

人気記事ランキング