野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS逃したオリックスの戦力整備 6選手戦力外、農家への転身者も

2014年以来となるAクラス入りを目指しながら、4位に終わったオリックス。開幕直後は2位につけるなど上々のスタートを切ったが、5月には9連敗などもあってBクラスに転落。吉田正やロメロといった中軸が怪我で離脱したこともあり、クライマックスシリーズ(CS)出場もかなわなかった。

今季限りで現役を退き、オリックスの2軍育成コーチに就任する川端【写真:荒川祐史】
今季限りで現役を退き、オリックスの2軍育成コーチに就任する川端【写真:荒川祐史】

ロメロら外国人3選手は来季も残留、川端は2軍育成コーチに就任

 2014年以来となるAクラス入りを目指しながら、4位に終わったオリックス。開幕直後は2位につけるなど上々のスタートを切ったが、5月には9連敗などもあってBクラスに転落。吉田正やロメロといった中軸が怪我で離脱したこともあり、クライマックスシリーズ(CS)出場もかなわなかった。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 CS出場圏内、そして1996年以来遠ざかっているリーグ優勝を目指す2018年に向けて、現在、戦力の整備を進めている。既に、ブランドン・ディクソン投手、ステフェン・ロメロ外野手、クリス・マレーロ外野手と今季もチームの中核を担っていた助っ人3選手の残留が決定している。

 その一方で、助っ人ではブレント・モレル内野手、育成契約だったダリル・ジョージ内野手の退団が決定。フィル・コーク投手、マット・ウエスト投手も退団が濃厚で、ゴンザレス・ヘルメン投手の去就は未定となっている。

 日本人では、川端崇義外野手、岩崎恭平内野手、高木伴投手など、支配下6選手に戦力外通告を行い、川端は2軍育成コーチとして球団に留まることに。佐野皓大投手は戦力外となったが、野手転向のため、育成契約となる見込み。角屋龍太投手、赤松幸輔捕手、中道勝士捕手と3人の育成選手も戦力外とした。

 ここで今季限りで引退や戦力外、退団となった主な選手の実績を振り返ってみよう。

◯川端崇義(戦力外、コーチ就任)
 プロ6年目。366試合1026打数262安打5本塁打73打点、打率.255。東海大相模高から国際武道大、JR東日本と渡り、2011年のドラフト8位でオリックスに入団。ドラ8ルーキーながら1年目にいきなり開幕1軍入りを果たし、シーズン途中からスタメンの座を掴む。125試合に出場して規定打席にも到達したが、2年目以降は成績が下降。今季はプロ入り後最少の18試合出場に終わった。

◯岩崎恭平
 プロ9年目。144試合212打数49安打5本塁打10打点、打率.231。東海大相模高から東海大を経て、2008年のドラフト3位で中日へ入団。俊足を武器に1年目の2009年に1軍デビューを果たす。2013年にはキャリアハイの54試合に出場。2014年途中にオリックスにトレードとなり、2015年には35試合の出場で4本塁打を放った。2016年は怪我の影響で9試合出場に終わり、今季も7試合止まりだった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬