野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

NPBでは投手、MLBでは強打者…ハム清宮は「21=強打」の先駆者になれるか

清宮幸太郎が背負うことになった「21」は、日本ハムでは代々“投手”の番号だったが、広く野球史を見渡しても、打者には異例の背番号だと言えそうだ。NPBでは、これまで「21」を背負った強打者はほとんどいない。まずはNPB12球団で今シーズン背番号「21」をつけた選手を見てみよう。

背番号「21」を背負うこととなった日本ハム・清宮【写真:石川加奈子】
背番号「21」を背負うこととなった日本ハム・清宮【写真:石川加奈子】

今季NPB12球団の背番号「21」はすべて投手

 清宮幸太郎が背負うことになった「21」は、日本ハムでは代々“投手”の番号だったが、広く野球史を見渡しても、打者には異例の背番号だと言えそうだ。NPBでは、これまで「21」を背負った強打者はほとんどいない。まずはNPB12球団で今シーズン背番号「21」をつけた選手を見てみよう。

○NPB球団の今シーズンの背番号「21」

(ソフトバンク)和田毅投手 2016年から
(西武)十亀剣投手 2012年から
(楽天)釜田佳直投手 2012年から
(オリックス)西勇輝投手 2012年から
(日本ハム)武田久投手 2004年から→退団
(ロッテ)内竜也投手 2004年から

(広島)中崎翔太投手 2016年から
(阪神)岩田稔投手 2006年から
(DeNA)今永昇太投手 2016年から
(巨人)吉川光夫投手 2017年から
(中日)岡田俊哉投手 2012年から
(ヤクルト)松岡健一投手 2005年から

 12球団とも見事に投手が並ぶ。ソフトバンクの和田毅は2003年から11年まで「21」をつけていたが、MLBに移籍。この間、ソフトバンクでは千賀滉大が2012年、岩嵜翔が2013年から2015年まで「21」をつけたが、彼らも投手だ。巨人の吉川は日本ハムから移籍した今季「21」をつけたが、昨年はドラ1新人の桜井俊貴投手がつけていた。

 日本プロ野球では「21」は投手の番号という認識があるのは間違いないだろう。

 過去に野手が「21」をつけた例もあるが、強打者はほとんどいなかった。「21」を背負った選手で、主要な打撃タイトルに輝いた者はいない。

人気記事ランキング