野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

セ3位から日本S進出のDeNA 躍進を支えた助っ人外国人を査定

DeNAにとっては大きな躍進の一歩となる2017年だった。昨季は11年ぶりのAクラスに入り、球団史上初のクライマックスシリーズ出場。そして、今季は73勝65敗5分で16年ぶりにシーズン勝ち越しを成し遂げた。3位に入り、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)出場。

今季不動のレギュラーとしてDeNA打線を牽引したホセ・ロペス【写真:荒川祐史】
今季不動のレギュラーとしてDeNA打線を牽引したホセ・ロペス【写真:荒川祐史】

10勝のウィーランド、打点王&最多安打の2冠のロペスら4助っ人は残留

 DeNAにとっては大きな躍進の一歩となる2017年だった。昨季は11年ぶりのAクラスに入り、球団史上初のクライマックスシリーズ出場。そして、今季は73勝65敗5分で16年ぶりにシーズン勝ち越しを成し遂げた。3位に入り、2年連続のクライマックスシリーズ(CS)出場。そしてCSでは2位阪神、リーグ連覇を果たした広島を打ち破り、19年ぶりに日本シリーズにも進出した。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグ覇者ソフトバンクとの日本シリーズでは3連敗のあとに、2連勝したものの、第6戦で延長戦にもつれ込む大激戦の末に敗戦。悔しさも味わった。若手は着実に成長し、チームの骨格が固まってきつつある。1998年から遠ざかっているリーグ優勝に向けて、収穫と課題の双方を得ることが出来た1年になったのではないだろうか。

 助っ人補強もある程度は、成功だったと言えるだろう。投手陣は、先発ローテを期待されたフィル・クライン投手は2勝止まり。シーズン中に右肘痛を発症し、シーズン中にアメリカに帰国したのが誤算だったが、一方でジョー・ウィーランド投手は2桁10勝をマーク。スペンサー・パットン投手は勝利の方程式に組み込まれ、シーズン途中に日本ハムから移籍したエドウィン・エスコバー投手も中継ぎとして戦力になった。

 野手では2015年から在籍しているホセ・ロペス内野手が最多安打と打点王の2冠を獲得し、筒香嘉智とともに打線の中核として君臨。一方で2年目となったエリアン・エレラ内野手、今季加入したアウディ・シリアコ内野手は結果を残せず。特にエリアンは外国人枠の関係で、なかなか出番に恵まれなかった。

 ここでは今季DeNAに在籍した外国人たちの成績と働きぶりを見ていきたい。

○ジョー・ウィーランド
21試合(21先発)10勝2敗 17QS 防御率2.98
133回114安打37四球2死球14本塁打112奪三振 WHIP1.14 
54打数11安打3本塁打12打点 打率.229

 パドレズ、ドジャース、マリナーズなどを経て、今季から加入。先発ローテに入ると、クラインと対照的に結果を残した。初勝利は4月末と時間がかかったものの、2桁10勝をマーク。勝ち星と同等に評価すべきは、わずか2敗という黒星の少なさと、6回自責点3以内のクオリティースタート(QS)を21試合中17試合で達成している点。約1か月の離脱があったため、規定投球回には到達していないが、QS率は80%を超える。また3本塁打を放った打撃も魅力の1つ。このウィーランドの打力があったことから、DeNAが8番に投手を置くようになったと言われている。来季の残留も決定している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」