野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • “二刀流”大谷翔平の質問状を踏まえた上で…米紙が選んだ6球団とその理由

“二刀流”大谷翔平の質問状を踏まえた上で…米紙が選んだ6球団とその理由

早ければ12月2日にも正式にポスティング申請が行われると予想される日本ハムの大谷翔平投手。子どもの頃から夢見たメジャー移籍実現に向け、少しずつではあるが確実に前進している。

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

日本人にお馴染み球団がズラリも理由はさまざま

 早ければ12月2日にも正式にポスティング申請が行われると予想される日本ハムの大谷翔平投手。子どもの頃から夢見たメジャー移籍実現に向け、少しずつではあるが確実に前進している。これに先駆け、代理人を務めるCAAのネズ・バレロ氏がメジャー30球団に質問状を送ったことは、複数の米メディアが報じているところ。そこで米全国紙「USAトゥデー」電子版では、質問状の内容を踏まえた上で、大谷と契約の可能性が高い6球団を選定し、その理由を説明している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 記事によれば、バレロ氏が送った質問状には、選手育成システム、メディカルスタッフ、球団施設、大谷がチームに馴染みやすいと思う根拠、球団や本拠地の好ましさなどの情報に加え、大谷の投打両面あるいは片方の査定を、英語と日本語で返答するように記されていたという。これを踏まえ、同紙では二刀流を容認する考えを示している球団の中から、最適と思われる6球団を選出している。

 筆頭に挙がったのは、レンジャースだ。今季先発ローテの合計防御率が4.66と悪かったレンジャーズにとって、100マイル(時速161キロ)の剛速球を持つ大谷は魅力十分で、レンジャーズには外野もしくはDHの空きがある。同時に、2014年に同じく日本ハムから移籍したダルビッシュ有が在籍した実績を持つだけに「有利」と判断。寸評では、大谷がダルビッシュから背番号「11」を引き継いだことに触れ、「決断する前に、ほぼ確実にダルビッシュに相談するだろう」と“大胆”予想もしている。

 次に挙がったドジャースは、やはり日本人選手におなじみの球団で、現在も前田健太投手が在籍する。寸評では「大谷は街よりも起用法を重視するらしい」としながらも、ロサンゼルスの住みやすさをアピール。ナ・リーグはDH制ではないが、打席数確保のために「ドジャースなら積極的に知恵を絞り出すだろう」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」