野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武ドラ1今井のプロ1年目 1軍デビューならずも成長の階段上る甲子園V腕

埼玉西武の将来を担うエース候補、それが今井達也投手だ。2016年にドラフト1位で埼玉西武の一員となった高卒ルーキーは、日々1軍のマウンドを目指して奮闘している。

西武・今井達也【画像:(C)PLM】
西武・今井達也【画像:(C)PLM】

開幕前に右肩故障で出遅れるも2軍で躍動した今季

 埼玉西武の将来を担うエース候補、それが今井達也投手だ。2016年にドラフト1位で埼玉西武の一員となった高卒ルーキーは、日々1軍のマウンドを目指して奮闘している。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2016年の夏の甲子園。作新学院のエースだった今井は、150キロを超える速球で一気に夏のスターへの階段を駆け上った。決勝までの全ての試合に登板し、見事にその腕で母校を54年ぶりの甲子園優勝に導く。続く「第11回 BFA U-18アジア選手権大会」でも好投し、その年のドラフトで埼玉西武が単独1位指名。晴れてプロの世界へと足を踏み入れた。背番号は、同年オフに楽天に移籍した元エース・岸の「11」である。

 1年目の今季は高校時代の疲労もあってか、開幕前に右肩を故障。出遅れる形となったが、4月15日の巨人戦でファーム初登板を果たす。7月13日のフレッシュオールスターゲームにも選出され、悪天候をものともせずに最速151キロの直球で1回を無失点に抑えた。

 さらに、8月4日の東京ヤクルト戦では、5回を投げて11奪三振、1失点の快投でファーム初勝利を挙げる。直球は最速152キロを計測し、3回まで9個のアウトのうち8個を三振で奪うなど、黄金ルーキーとしての実力を遺憾なく発揮した。

 そんな今井の持ち味は、そのすらりとした体格からは想像もつかないような剛速球だ。全身を使って投じられる直球は、その伸びも抜群。常時140キロ台後半を計測し、最速152キロを誇る。この直球を軸に、スライダーとのコンビネーションで三振の山を築いていく。また、速球派の投手には珍しく確かな制球力を持っているのも魅力だ。

 2017年シーズンは故障の影響もあり、不完全燃焼なルーキーイヤーとなってしまったが、まだまだ今井のプロ野球人生は始まったばかりだ。11月23日に行われた「LIONS THANKS FESTA 2017」では、印象に残っている同世代の選手として、楽天の藤平投手を挙げた。すでにプロで3勝をマークしている藤平の存在は良い発奮材料となっていることだろう。ファームでその力を着実に伸ばした今井が、来季以降1軍マウンドで躍動する姿を、ファンは心待ちにしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」