野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム鍵谷、60試合登板で2200万円アップも笑顔なし その理由は…

日本ハムの鍵谷陽平投手が29日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2200万円アップの5000万円でサインした(金額は推定)。

契約更改に臨んだ日本ハム・鍵谷陽平【写真:石川加奈子】
契約更改に臨んだ日本ハム・鍵谷陽平【写真:石川加奈子】

5000万円でサイン「上がったのはうれしいですけど…」

 日本ハムの鍵谷陽平投手が29日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2200万円アップの5000万円でサインした(金額は推定)。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 5年目の今季は、ここ数年目標としていた50試合登板を初めてクリア。60試合に登板して、2勝3敗17ホールド1セーブ、防御率2.53とキャリアハイの好成績を残した。

 納得の数字を残し、大幅アップを勝ち取ったにも関わらず、会見では笑顔を見せなかった。「上がったのはうれしいですけど、その分、責任もありますし、やらなきゃいけないので。浮かれるのではなく、より一層引き締めていきたいです」。日本ハムの生命線である中継ぎ投手陣の中心を担う覚悟の現れだった。

 今季途中に谷元がトレード移籍し、セットアッパーのマーティンは退団が決定。抑えの増井はFA宣言して去就未定と、来季の勝利の方程式はまだ見えてこない。

「ファイターズは中継ぎ、抑えで僅差のゲームを勝ち抜くというスタイルでやってきた伝統があります。谷元さんもそうだし、増井さんもまだわからないですけど、そこをしっかりと埋めていかないといけないと思います。僕が一番しっかりやらないといけない」

 自分自身に言い聞かせるように、力を込めた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」