野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • アジアウインターリーグ参戦のKBOは警察主体!? 胸に輝く「POLICE」の文字

アジアウインターリーグ参戦のKBOは警察主体!? 胸に輝く「POLICE」の文字

現在開催中のアジアウインターリーグには6チームが参加している。昨年はチャイニーズ・タイペイのプロ野球選手選抜であるCPBL、アマチュア代表の中華台北トレーニングチーム、NPBイースタン、ウエスタンの両選抜、韓国プロ野球(KBO)、欧州選抜の6チームだった。

好投したKBOの朴峻杓【写真:広尾晃】
好投したKBOの朴峻杓【写真:広尾晃】

台湾WLで見る各国の野球事情、今季は日本アマチュアJABA選抜も参戦

 現在開催中のアジアウインターリーグには6チームが参加している。昨年はチャイニーズ・タイペイのプロ野球選手選抜であるCPBL、アマチュア代表の中華台北トレーニングチーム、NPBイースタン、ウエスタンの両選抜、韓国プロ野球(KBO)、欧州選抜の6チームだった。だが、今季からは中華台北が抜け、日本のアマチュア野球の統括団体であるJABAが選抜チームを派遣。欧州選抜は米国&欧州の混成チームとなった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨年はNPBウエスタンが初優勝し、2位はNPBイースタンと、NPBが独占。だが、実は準決勝でNPBウエスタンを13-10と苦しめたのは、CPBL(リーグ6位)ではなくアマチュアの中華台北(リーグ4位)だった。チャイニーズ・タイペイでは有力なアマ選手がプロに行かないことも多く、プロとアマの実力が拮抗している。中華台北は2015年の優勝チームでもある。

 28日は台中市の対中洲際棒球場で、KBOとCPBLの試合が行われた。

 11月も終わろうと言うのに、気温は23度まで上がる汗ばむ陽気。この大会は興行目的ではないので入場無料だ。バックネット裏には、近くの小学校の生徒が校外学習として先生に引率され、多数詰めかけていた。校長先生らしき人の始球式もあり、場内は歓声に包まれた。

 KBOは各選手が所属球団のユニフォームを着ているが、圧倒的に多いのが黒地に黄色のロゴを配したユニフォーム。胸にはPOLICEと書かれている。これは「警察野球団」。KBOの2軍リーグ「フューチャーズリーグ」に参加している。
日本では考えられないが、現役警察官がプロ野球選手として試合をしているのだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」