野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

11年ぶりBクラス巨人の外国人査定 FA補強と対照的な“大当たり”

11年ぶりのBクラスという屈辱を味わうことになった巨人。2014年以来のリーグ優勝を至上命令として臨んだ2017年シーズンだったはずが、終わってみれば、初めてクライマックスシリーズ出場も逃す4位に沈んだ。72勝68敗3分と4つの貯金を作ったが、悔しさだけが残る1年となった。

マシソンのこれまでの成績一覧
マシソンのこれまでの成績一覧

FA3選手獲得の「総額30億円補強」は…

 11年ぶりのBクラスという屈辱を味わうことになった巨人。2014年以来のリーグ優勝を至上命令として臨んだ2017年シーズンだったはずが、終わってみれば、初めてクライマックスシリーズ出場も逃す4位に沈んだ。72勝68敗3分と4つの貯金を作ったが、悔しさだけが残る1年となった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季はDeNAから山口俊投手、ソフトバンクから森福允彦投手、日本ハムから陽岱鋼外野手とFA権を行使した3選手を獲得。史上初のFA3人獲りとなり「総額30億円補強」として騒がれたものの、結果的にこの3選手は結果を残すことが出来ず。日本人補強が無残な結果に終わった反面、今季の助っ人外国人は、それなりの結果を残し、チームに十分貢献する内容だった。

 来日6年目となったスコット・マシソン投手は今季もセットアッパーとして59試合に登板。3年目となったマイルズ・マイコラス投手も14勝をマークして十分な成績を収めた。今季の新助っ人であったアルキメデス・カミネロ投手もクローザーとして29セーブをマークし、3人の助っ人投手はきっちりと活躍した。野手でも今季加入し、4年ぶりに日本球界に復帰したケーシー・マギー内野手が三塁、二塁でプレーし、打率.315、リーグ新記録となる48二塁打を放っている。

 この4選手がきっちりと1軍で活躍したため、不振だったルイス・クルーズ内野手はファーム暮らしが長く、7月下旬に負傷者が続出していた楽天へ金銭トレードで移籍した。ギャレットに関しては1軍出場すら無し。シーズン丸々ファーム暮らしを強いられた。それでも、ほとんどの期間で1軍にいた助っ人4選手がこれだけの結果を残しており、助っ人補強は成果を上げたと言えるだろう。

 ここでは、これらリーグ4位に終わった巨人の今季の外国人の成績と働きぶりを振り返ってみたい。

○スコット・マシソン
59試合(0先発)4勝4敗27ホールド2セーブ 防御率2.24
68回1/3 52安打18四球1死球6本塁打79奪三振 WHIP1.02

 フィリーズから2012年に巨人に加入したリリーフ右腕。1年目こそ序盤につまずいたものの、40試合に投げると、2年目の2013年は63試合に登板。そこから4年連続60試合超に登板。今季は60試合に1試合届かない59試合だったが、5年連続50試合登板を達成。68回で18四球と制球面が安定しており、WHIPも1.02と上々の成績を残した。来季契約も合意しており、貴重な戦力として期待される。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」