野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • MLBでの二刀流成功へ、大谷には「時間を与えるべき」 NYメディアが“提言”

MLBでの二刀流成功へ、大谷には「時間を与えるべき」 NYメディアが“提言”

ニューヨークのメディアは、大谷の打力は強打の投手として知られるマディソン・バムガーナー(ジャイアンツ)よりも高く、打者として結果を残すまで時間を与えるべきだと主張している。

去就が注目される大谷翔平【写真:田口有史】
去就が注目される大谷翔平【写真:田口有史】

松井秀喜氏も移籍1年目は苦労、当時の同僚も「彼はもがいていた」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦に踏み切ることを表明している大谷翔平。米国内でも二刀流として注目を浴びているものの、やはり投手としての能力を高く評価する声が多い。では、打者としても成功をおさめることは可能なのか。ニューヨークのメディアは、大谷の打力は強打の投手として知られるマディソン・バムガーナー(ジャイアンツ)よりも高く、打者として結果を残すまで時間を与えるべきだと主張している。

【PR】大谷翔平を観るなら「DAZN」、出場試合を放送予定! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 大谷の移籍先として、米メディアが有力候補の1つとして挙げるのがヤンキースだ。この名門球団の試合を中継するテレビ局「YESネットワーク」では、番組内で大谷についての議論を行い、「ヤンキースはオオタニを求めている」との見出しで動画を公開した。

 まずは、松井秀喜氏のヤンキース移籍1年目にチームメートだった元捕手のジョン・フラハティ氏が当時を回顧。日本の球史に名を刻む強打者ですら、当初は適応に苦しんだと指摘している。

「幸運にもヒデキ・マツイと一緒にプレーする機会があったんだが、彼が日本の野球からメジャーのピッチングに切り替えていたのを目の当たりにしていた。ヤンキースタジアムでの開幕戦で確かに満塁弾を放ったが、その後、彼はもがいていた。前半戦ではボテボテの内野ゴロが多く、動く真っすぐや沈む真っすぐに苦戦していた」

 ヤンキースタジアム初戦で満塁弾を放ち、ベンチに戻ってからファンの大歓声に応えた松井氏の姿は、今でも多くのファンの脳裏に刻まれている。ただ、その後はNYメディアに「ゴロキング」と揶揄されるなど、適応に苦しんだ。フラハティ氏は、その姿を間近で見ていた。ただ、松井氏の時は、どんなに批判されても実力を信じて使い続けた名将ジョー・トーレ元監督がいた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬