野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム松本、3.5倍増の2270万円 来季目標は「外野定位置」&「打率3割」

日本ハムの松本剛内野手が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、650万円から3.5倍増となる年俸2270万円でサインした(金額は推定)。

契約更改交渉に臨んだ日本ハム・松本【写真:石川加奈子】
契約更改交渉に臨んだ日本ハム・松本【写真:石川加奈子】

5年間でわずか25試合出場が…今季は115試合出場で打率.274と大ブレーク

 日本ハムの松本剛内野手が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、650万円から3.5倍増となる年俸2270万円でサインした(金額は推定)。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ6年目で初めて規定打席に到達して臨んだ交渉。「ちょっとプロ野球選手らしい金額になったのかなと実感しています」と笑った松本が金額以上に楽しみにしていたのは、球団からの言葉だった。

「本当にいい言葉をたくさん並べていただきました。『来年期待しているし、中心選手として引っ張っていく立場に少しでもなっていってほしい』と。そう言っていただいただけでうれしいので、応えられるようにと思いました」

 球団の期待を真っ直ぐに受け止め、奮い立った。

 5年間でわずか25試合しか出場していなかった男が、6年目で大ブレークした。4月23日に1軍昇格すると、4月25日ソフトバンク戦(北九州)で千賀からプロ初本塁打を含む2発を放って存在感を発揮。交流戦では12球団2位となる打率.396で日本生命賞を受賞して、2番打者として外野のレギュラーを不動のものにした。

 115試合に出場して打率.274の成績を残し、シーズンオフには侍ジャパンにも選出された。アジアプロ野球チャンピオンシップ2017では、スタメンで2試合出場し、優勝に貢献してベストナインに選ばれた。

 今季飛躍の要因はメンタル面にあったと自己分析する。

「去年は気持ちの切り換えができずに引きずっていました。今年は、この1打席で終わってしまう、でも少なからずゼロではないという思いで、後悔しないようにと打席に立ちました。その次の1打席は、また新しい気持ちでというのが良かったと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」