野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 次なる“育成の星”になれるか 今季支配下を勝ち取った育成選手たち

次なる“育成の星”になれるか 今季支配下を勝ち取った育成選手たち

ソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。セ・リーグは広島が首位を独走して連覇を達成したものの、クライマックスシリーズは3位のDeNAが阪神、広島を次々に打ち破って日本シリーズに進出した。

広島のサビエル・バティスタ【写真:荒川祐史】
広島のサビエル・バティスタ【写真:荒川祐史】

ホークス千賀、甲斐らが育成から躍進、次なる“育成の星”は?

 ソフトバンクが2年ぶりの日本一に輝き、幕を閉じた2017年のプロ野球。セ・リーグは広島が首位を独走して連覇を達成したものの、クライマックスシリーズは3位のDeNAが阪神、広島を次々に打ち破って日本シリーズに進出した。

 パ・リーグはソフトバンクがリーグの頂点を奪還。8月上旬までは楽天が首位を走ってきたが、勝負の夏場に地力を発揮し、一気に突き放した。終わってみれば、独走でのリーグ制覇であった。DeNAとの日本シリーズは、ソフトバンクが初戦から3連勝で一気に王手をかけ、2連敗のあとの第6戦で勝利して4勝2敗で日本一の座を掴んだ。

 そのソフトバンクは今季、侍ジャパンメンバーとしてWBCにも出場した千賀滉大をはじめ、今季急成長し主力捕手となった甲斐拓也や一時ローテを担った石川柊太、そしてキューバ代表としてWBCに出場してシーズン中に加入したリバン・モイネロと、入団当初は育成選手契約だった面々がチームを支えた。

 今や、育成から支配下となり、1軍の舞台で活躍することも決して珍しくはなくなってきた。今季もソフトバンクだけでなく、複数の球団で育成から支配下への“昇格”があり、1軍の舞台に立った選手もいた。その一方で支配下となりながらも、オフになって戦力外通告を受けた選手もいる。育成から一流選手への仲間入りを果たす“育成ドリーム”。ここでは、今季の春季キャンプスタート後にアピールが実り、その第1歩となる支配下契約を勝ち取った選手と今季の成績を見ていきたい。

人気記事ランキング