野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

育成初ベスト9&GG賞のホークス甲斐 初の国際大会に「緊張では済まされない」

己の目を疑うほどの1年だった。今季のプロ野球で急成長を遂げ、頭角を現した選手を挙げれば、必ずその名前が出てくるはずである。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

Vパレードでは主力の証オープンカーに乗り「今までにない景色」

 己の目を疑うほどの1年だった。今季のプロ野球で急成長を遂げ、頭角を現した選手を挙げれば、必ずその名前が出てくるはずである。

 2年ぶりに日本一の座に立ったソフトバンクの甲斐拓也捕手。育成出身の25歳は今季、初の開幕1軍の座を掴むと、主に東浜巨、千賀滉大といった若い投手たちとコンビを組み、チームの捕手で最多となる103試合に出場した。キャノンとも、バズーカとも称された強肩を武器に、走者を刺すスローイングは圧巻の一言。ひたむきなプレースタイルでファンの心を鷲掴みにした。

 シーズン終了後にはちょっとしたサプライズも待ち受けていた。守備の名手に送られる三井ゴールデングラブ賞を受賞。さらには、パ・リーグのベストナインにも選ばれた。育成出身者でのベストナイン選出は史上初。ダブルでの受賞には甲斐本人もただただ驚くばかり。緊張の面持ちで11月20日に行われた年間表彰式「NPBアワード」の舞台にも立っていた。

 11月26日には福岡市内で「優勝祝賀パレード」が行われ、甲斐は千賀、東浜とともにオープンカーに乗って、ファンの声援を浴びた。パレードでのオープンカー乗車は柳田や今宮、松田、内川、岩嵜、中村晃といった限られたメンバーにだけ与えられる主力の証で「初めて(のオープンカー)で、今までにない景色を見させてもらってありがたいことだなと思っています。それほどの活躍はしていないんですけど…。(東浜と千賀には)特別な思いはありますし、良かったです」と顔を綻ばせた。

人気記事ランキング