野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季は4億超え7人、複数年契約は16人 どうなる日本一ホークスの契約更改

師走を迎え、冬の気配に包まれ始めた日本列島。この時期のプロ野球界で注目を集め、テレビや新聞紙面上を賑わせる話題と言えば、FAやポスティングでのメジャー挑戦などの移籍関連、そして来季に向けた契約更改交渉となるだろう。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

2年ぶり日本一でさらに1億円プレーヤー続出か

 師走を迎え、冬の気配に包まれ始めた日本列島。この時期のプロ野球界で注目を集め、テレビや新聞紙面上を賑わせる話題と言えば、FAやポスティングでのメジャー挑戦などの移籍関連、そして来季に向けた契約更改交渉となるだろう。

 すでに各球団で契約更改交渉はスタートし、先日はセ・リーグ最多勝と最優秀防御率の2冠に輝き、沢村賞も獲得した巨人の菅野智之投手が2億2000万円増の4億5000万円で契約を更改。今後も続々と大物選手の交渉が行われ、世間を賑わすことだろう。

 そんな中で近年、他球団を凌駕する破格の契約が並ぶのが、今季2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクだ。ここ10年間で5度のリーグ優勝、4度の日本一、Aクラスが8回の常勝軍団。結果が残れば、選手たちの年俸も上がっていくのは当然のこと。とはいえ、見渡してみると、これがまた凄い。

 今季を見ると、1億円プレーヤーが15人、2億円プレーヤーが11人もおり、3億超えが9人、そして4億円超が、なんと7人もいるのだ。セ・リーグ覇者の広島は1億円プレーヤーが7人、3億円超えは推定年俸3億1000万円のジョンソンただ1人。巨人は、1億円プレーヤーこそソフトバンクと凌ぐ17選手いるが、2億円プレーヤーは12人、そして3億超は3億5000万円の坂本勇人、3億2000万円の山口鉄也、3億円の陽岱鋼の3人。5度のリーグ優勝はリーグ最多、4度の日本一は12球団トップの回数であることからも、ソフトバンクが突出している。

人気記事ランキング