野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打ち込まれても続投、甲子園準V投手が苦しみのマウンドで得た経験

アジアウィンター・ベースボールリーグには、かつて甲子園を沸かせた球児たちも参加している。11月29日には履正社の寺島成輝(ヤクルト)が救援で好投したが、30日には仙台育英の2015年夏の準優勝投手、佐藤世那(オリックス)が先発のマウンドを託された。

アジアウィンター・ベースボールリーグに参加している佐藤世那【写真:広尾晃】
アジアウィンター・ベースボールリーグに参加している佐藤世那【写真:広尾晃】

苦しいマウンドとなったオリックス佐藤、ベンチから見守る大道監督

 アジアウィンター・ベースボールリーグには、かつて甲子園を沸かせた球児たちも参加している。11月29日には履正社の寺島成輝(ヤクルト)が救援で好投したが、30日には仙台育英の2015年夏の準優勝投手、佐藤世那(オリックス)が先発のマウンドを託された。

 2015年ドラフト6位でオリックスに入団した佐藤は、まだ1軍での登板はないが、2軍では2016年は12試合4勝4敗、防御率5.37の成績で、2017年は12試合2勝1敗、防御率5.00だった。四球は27から18に減ったが、やや伸び悩んでいる感があった。

 30日に対戦した相手は、韓国プロ野球KBO。主力は、KBOの2軍フューチャーリーグに参加している警察野球隊だ。球場は台湾島中南部の斗六球場。テレビ中継はなく、観客もまばらだったが、佐藤世那にとっては実力をアピールする場だった。捕手は同じオリックスの若月健矢。今季は1軍で100試合に出場し、ウエスタン選抜チームでは、ずば抜けた実績のある選手だ。

 立ち上がりは3者凡退。2回も先頭に四球を与えたものの後続を断ち、小気味よい投球ができていた。しかし3回、1死を奪った後、9番打者に四球を与えてから佐藤の投球がおかしくなる。1番打者を四球で歩かせて1死一、二塁とすると、3連続二塁打であっという間に4点を失った。投球が単調になった佐藤の速球を、KBOの打者はためらいなく振り抜いた。

人気記事ランキング