野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 上位指名選手はほぼ主力に “育成力”でセ連覇、広島の過去10年ドラフト査定

上位指名選手はほぼ主力に “育成力”でセ連覇、広島の過去10年ドラフト査定

自前の選手の育成力で今の強力なチームを築いたと言われる広島。ドラフトでの実績を見てもそれは明らかだ。

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】
広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】

ドラフト結果を見れば明らかな育成力、上位選手が主力となる確率はDeNAと双璧!?

 自前の選手の育成力で今の強力なチームを築いたと言われる広島。ドラフトでの実績を見てもそれは明らかだ。

 過去10年のドラフト成績を見ていこう。※は現時点でNPBでの現役選手。

◯2008年
1位・岩本貴裕 外 亜細亜大学・394試239安31本131点 1盗 打率.255※ 
2位・中田廉 投 広陵高・189試15勝14敗0S38H 防御率3.82※
3位・小松剛 投 法政大学・30試6勝6敗0S0H 防御率5.99
4位・申成鉉 内 京都国際高(1軍出場なし)
育1位・松田翔太 投 金沢学院東高(1軍出場なし)

 1位の岩本は最近は若手の台頭に伴い出場機会が減っているが、勝負強い打撃が売り。地元・広陵高出身の中田は中継ぎ投手で活躍している。

◯2009年
1位・今村猛 投 清峰高・355試15勝27敗34S97H 防御率3.22※
2位・堂林翔太 内 中京大学附属中京高・466試309安31本130点 20盗 打率.236※
3位・武内久士 投 法政大学・10試0勝1敗0S0H 防御率4.84
4位・庄司隼人 内 常葉学園橘高・10試1安0本0点 0盗 打率.167※
5位・伊東昂大 投 盛岡大学附属高・0勝0敗0S0H 防御率7.71
6位・川口盛外 投 王子製紙(1軍出場なし)
育1位・永川光浩 投 龍谷大学(1軍出場なし)
育2位・中村亘佑 捕 横浜商科大学高(1軍出場なし)※17年戦力外

 甲子園の優勝投手・今村は、セットアッパーとして勝利の方程式を担う。堂林は一時期売り出したが、今は後輩選手の活躍で影に埋もれている形。奮起が期待される。育成の永川は、守護神だった永川勝浩の弟だが、力を発揮することなく退団した。

◯2010年 
1位・福井優也 投 早稲田大学・106試29勝33敗0S0H 防御率4.39※
2位・中村恭平 投 富士大学・32試2勝9敗0S0H 防御率4.69※
3位・岩見優輝 投 大阪ガス・11試1勝0敗0S0H 防御率4.02
4位・金丸将也 投 東海理化(1軍出場なし)
5位・磯村嘉孝 捕 中京大学附属中京高・51試14安2本5点 0盗 打率.200※ 
6位・中崎翔太 投 日南学園高・250試11勝22敗74S55H 防御率2.87※
7位・弦本悠希 投 徳島インディゴソックス・4試0勝0敗0S0H 防御率4.50 
育1位・山野恭介 投 明豊高(1軍出場なし)
育2位・池ノ内亮介 投 中京学院大学・2試0勝0敗0S0H 防御率0.00

 1位福井にエースの期待がかかったが、やや伸び悩み。6位中崎は、中継ぎからクローザーになり、広島の抑えを任されている。

人気記事ランキング