野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 松井秀喜氏の米殿堂入りを「真剣に考慮すべき」 米名物コラムニストが主張

松井秀喜氏の米殿堂入りを「真剣に考慮すべき」 米名物コラムニストが主張

ヤンキースで2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏について、米国の名物コラムニストが「殿堂入りを真剣に考慮すべき」と訴えている。松井氏の米国での野球殿堂入りは極めて厳しいと見られているが、日本時代を含めた全ての実績を見るべきだと主張。松井氏が日米の野球史を語る上でいかに重要な存在であったかを強調している。

米国野球殿堂入り候補者に名を連ねた松井秀喜氏【写真:Getty Images】
米国野球殿堂入り候補者に名を連ねた松井秀喜氏【写真:Getty Images】

今年初めて殿堂候補入りした松井氏、選出は極めて厳しい状況も…

 ヤンキースで2009年のワールドシリーズMVPに輝いた松井秀喜氏について、米国の名物コラムニストが「殿堂入りを真剣に考慮すべき」と訴えている。松井氏の米国での野球殿堂入りは極めて厳しいと見られているが、日本時代を含めた全ての実績を見るべきだと主張。松井氏が日米の野球史を語る上でいかに重要な存在であったかを強調している。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」で「野球殿堂改革が松井秀喜を助ける」と題したコラムを執筆したのは、辛口で知られる同紙の名物コラムニスト、ジョエル・シャーマン氏だ。書き出しでは「松井秀喜は殿堂入りを真剣に考慮されるべきだ」と言い切っている。

 松井氏は日本での10年間で通算打率.304、332本塁打、889打点という圧倒的な成績を残した後、ヤンキースに移籍。初年度から3年連続100打点以上を記録するなど、10年間4チームで通算打率.282、175本塁打、760打点をマークした。特に、7年間在籍したヤンキースでは2009年のワールドシリーズでMVPに輝き、世界一に貢献するなど印象的な活躍を見せた。日米通算では507本塁打を記録している。

 引退から5年がたち、殿堂入りの有資格者となったことで、11月に米国野球殿堂と米国野球記者協会(BBWAA)が発表した2018年の殿堂入り候補者のリストには初めて名前が載った。もっとも、メジャーのみでの実績では殿堂入り選手と大きな差があり、実際に選出される可能性は極めて低いと見られている。日本人メジャーリーガーのパイオニアとして球史に名を残す野茂英雄氏でさえも、翌年の候補者リストに残るための条件となる5%の票を獲得できず(1.1%)、1年で名前がなくなっていた。

 ただ、シャーマン記者は「彼(松井氏)が選出されれば、票の扱いについて絶えず増え続ける不和と対立を和らげる道が見いだされるかもしれない」と指摘。さらに「その人間が試合に出ていた期間全体を考慮する『野球人生』のカテゴリを作るべきだと私は長年主張してきた。それが唯一のカテゴリで、一度候補となれば落ちることなく、そのためベテランズ委員会がすっかり廃れる、なんてことを今私は考えている」と続けている。

人気記事ランキング