野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

山崎武司氏、燕山田のトリプルスリー&3冠王期待「とんでもないことを…」

中日、楽天で通算403本塁打を放った山崎武司氏が、ヤクルト山田哲人内野手の来季復活に太鼓判を押した。

「Red Bull Batting Mania Japan Final」に参加したヤクルト・山田哲人【写真:編集部】
「Red Bull Batting Mania Japan Final」に参加したヤクルト・山田哲人【写真:編集部】

今季の不調はWBCが影響? 来季は「トリプルスリーは普通にやればできる」

 中日、楽天で通算403本塁打を放った山崎武司氏が、ヤクルト山田哲人内野手の来季復活に太鼓判を押した。バッティングセンターで行われるベースボール・バッティングコンペディション大会「Red Bull Batting Mania Japan Final」が3日に明治神宮外苑バッティングドームで開催され、山田はオリックス中島宏之内野手ともに登場。スペシャルゲストチームとして優勝チームと対戦し、“貫禄勝ち”した。大会アドバイザーを務めた山崎氏は山田の打撃技術を改めて絶賛。来季は2年ぶり3度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)は確実とした上で、3冠王も「十分にチャンスはある」と期待を寄せた。

 山田の打撃を間近で見守った山崎氏は、その技術に何度も唸った。「ちょっとすかされた時に的に当てていた。あれが山田。ちょっと抜かれた時に自分のバッティングが出来る。さすが」。そして、来季復活を“予言”した。

 まずは、打率.247、24本塁打、14盗塁でトリプルスリーが途切れた今季の不振については、「今年は春先にWBCがあって、早い調整で2月のキャンプもやらなければいけなかった」ことを大きな理由として挙げた。

「普通であれば徐々に2月のキャンプで体を作り上げて、4月の開幕に向かう。でも、侍メンバーは突貫工事で仕上げた。ゲームは出来る体にはなっていたけど、やはり毎年やってきたように、1か月じっくりかけて、キャンプで振り込んで土台を作らないといけないということができなかったと思う。その不調が1年間続いちゃったかな」

 だからこそ、通常通りの調整を行える来年は、復活を遂げると断言する。

「来年、彼がこのまま調子が悪くなるとは到底思えない。春からしっかりキャンプをやれば、とんでもないことをやってくれるかなと、僕は分析してるけどね。トリプルスリーは普通にやればできるかな。足さえ怪我しなければ30盗塁はできる。バッティング技術を考えれば、3割も楽勝」

人気記事ランキング