野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキースなどが大谷争奪戦から脱落か ジャイアンツ、マリナーズは面談へ

ヤンキースなどが大谷争奪戦から脱落か ジャイアンツ、マリナーズは面談へ

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す大谷翔平投手の争奪戦から“大本命”と見られていたヤンキースが脱落したと、米複数メディアが報じた。

去就が注目される大谷翔平【写真:田口有史】
去就が注目される大谷翔平【写真:田口有史】

MLB公式サイトなど米複数メディアが報じる、レッドソックス&ツインズも面談に進めず

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍を目指す大谷翔平投手の争奪戦から“大本命”と見られていたヤンキースが脱落したと、米複数メディアが報じた。

 MLB公式サイトでヤンキース番を務めるブライアン・ホック記者は、自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニの代理人はヤンキースに、面談に招待されるチームに含まれていないことを伝えた。(GMの)ブライアン・キャッシュマンはこのニュースに『失望している』と話した」と伝えている。その後、MLB公式サイトは「ヤンキースはオオタニとの契約から脱落」との記事を掲載した。

 また、地元紙「ニューヨーク・ポスト」もヤンキースの“脱落”をレポート。「ショウヘイ・オオタニはブライアン・キャッシュマンに、ヤンキースとはサインしないと告げた。キャッシュマンはこのニュースに『失望している』と話した。オオタニは西海岸のより予算の小さいチームを好んでいる」としている。MLB公式サイトの報道を受け、地元メディア「NorthJersey.com」も「ヤンキースはショウヘイ・オオタニの争奪戦から脱落した」とレポートした。米メディアが“大本命”と見ていたヤンキースが早々に消える形となり、衝撃が広がっているようだ。

 レッドソックス、ツインズ、メッツも面談に進めなかったと地元メディアは報道。アスレチックスも候補に含まれないとされている。一方で、ヤフー・スポーツの敏腕記者ジェフ・パッサン氏はツイッターで、ジャイアンツとマリナーズは面談するチームに残っていると伝えた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング